テトラパック・デイリー・インデックス 2015: レポートと背景

テトラパック・インデックスは年次レポートで、世界中のお客様にとって新しい成長の機会を生み出している消費者トレンドを特定します。 また、世界の乳業界および果汁業界に関連する最新の現状、数値、トレンドに関する情報を業界ウォッチャーに提供します。

データは、テトラパックだけでなくさまざまな外部ソースから収集されたもので、テトラパックのマーケティングのエキスパートがレポート用に分析したものです。

テトラパック・デイリー・インデックス 2015

グラスで提供されるフルーツ飲料

市場概要 2016

国際連合食糧農業機関 (FAO) の乳製品価格指数によると、指数を構成するすべての乳製品、特にチーズ、全脂粉乳、バターについて価格が上昇しました。

牛乳の平均価格が最も高いのは引き続き中国で、100 kg あたり 50 ユーロとなっており、次いで高いのがカナダです。 牛乳の価格が最も高騰したのはアルゼンチンで、2015 年 8 月から 2016 年 8 月にかけて 46% 上昇しました。次に高騰したのはニュージーランドで 22% の上昇です。

ヨーグルトを飲む女性

将来の予測と成長の原動力

  • 乳製品分野は、2012~2015 年は 1.7% であったのに対し、2015~2018 年には全体として 2.3% CAGR の成長が見込まれます。
  • 全世界における一人当たりの液体乳製品 (LDP) の消費は 2012 年から 2015 年にかけて 43.9 リットルから 44.44 リットルと微増しました。
  • ヨーグルトドリンク (5.7% CAGR) と乳幼児用ミルク (5.0%) は 2015~2018 年における最大の成長原動力となり、いずれもアジア太平洋地域の市場での成長を牽引しています。
  • バターミルク (5.0% CAGR) および加糖練乳 (3.2% CAGR) も 2015~2018 年に増加すると予測されています。 *高付加価値牛乳と全乳に対する消費者の関心も継続する見通しです。 たとえば、乳糖フリー牛乳は 2012~2015 年に西ヨーロッパで 16% の成長が見られ、アジア太平洋地域ではオーガニック牛乳の販売が 30% 増加しました。
  • 西ヨーロッパにおける機能性/栄養強化牛乳の小売販売価格は 2015 年に 52% 増加しました。
ミルクシェイクのしぶき

消費者のトレンド

  • 持ち歩きできる製品に対する消費者の要望は、引き続き拡大しています。 スナックは大きな機会を提供しており、特に中国では消費者の 74% が食事の合間にとる液状スナックに関心を持っていますが、これは世界で最も高い割合となっています。
  • 1 日で最も抜くことの多い食事は朝食で、忙しいライフスタイルや長い通勤時間のおかげで、大人の 36% (20~34 歳) は定期的に外出先で手軽に食べられる食事を取っています。
  • スポーツ栄養ドリンク用 (タンパク質添加など) の容器入りの飲料は、2012~2015 年に 10 億ユーロの売上と、13% CAGR を達成しました *液体乳製品 (LDP) 分野における容器入りの飲料では、2012~2015 年で合計 1.8% CAGR の増加 (1,800 億リットル) が見られました。発展途上市場では 4% の増加 (1,028 億リットル) に対して先進国市場では 0.9% の減少 (780 億リットル) でした

テトラパック・デイリー・インデックスに関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。