モッツァレラ・チーズ製造装置大手

メーカー、ジョンソン・インダストリーズ・インターナショナル社を買収​

 

テトラパック・グループは、モッツァレラ・チーズの製造装置および製造ラインの設計、開発、製造を手掛けるジョンソン・インダストリーズ・インターナショナル社(本社:アメリカ、社長:グラント・ネシャイム)を買収しました。同社は、チーズの切断、細断、ブライン処理に使用される各種装置の製造で知られています。

この買収によって、テトラパックのチーズ製造技術のポートフォリオは更に拡充され、チーズ製造の包括的なソリューションを提供する世界的リーダーとしての地位をより一層強化しました。

アメリカのウィスコンシン州に本社を置くジョンソン・インダストリーズ・インターナショナル社は、高品質モッツァレラ・チーズの大量生産で知られる、北アメリカ屈指のモッツァレラ・チーズ製造装置メーカーです。

テトラパック プロセッシング事業担当 エグゼクティブ・バイス・プレジデント モニカ・ギムレは、次のように述べています。「当社のお客様の多くは、チーズ製造の生産拡大に取り組んでいます。ジョンソン・インダストリーズ・インターナショナル社の買収によって当社は、これまで以上に成長を続けているチーズ市場に不可欠なノウハウや技術を拡充しました。 製造装置、サービスを含めたすべての製造ソリューションを提供することで、お客様の複雑なプラント管理の最適化をサポートしてまいります」。

ジョンソン・インダストリーズ・インターナショナル社 社長 グラント・ネシャイム氏は、次のように述べています。「本合併により、当社の製品開発がテトラパックの世界トップ・クラスの専門知識に支えられ、その高品質な製品やサービスが、テトラパックのグローバルな組織力によりサポートされることになります。これはお客様にとって長期的な利点となるでしょう。近年、海外への事業拡大に取り組んできた当社としては、テトラパックのチャネルを通じて世界的な事業拡大を図れるという、素晴らしい機会を得られたことを嬉しく思います」。
ジョンソン・インダストリー・インターナショナル社は、現在の場所で引き続き主要事業を継続します。

本ニュースは、スイスのローザンヌにて2017年3月2日(木)(現地時間)に発表されたプレスリリースの抄訳です。

ダウンロード写真

ジョンソンインダストリー装置

ジョンソンインダストリー装置

(Image, 3811 KB)
プレビュー ダウンロード
モッツアレラ・ドライ・クッカー

モッツアレラ・ドライ・クッカー

(Image, 5618 KB)
プレビュー ダウンロード
Plant Johnson Industries

Plant Johnson Industries

(Image, 1469 KB)
プレビュー ダウンロード