新型包材殺菌システムeBeam搭載の世界最速充填機も登場

E3充填機が全4機種に拡大

 

テトラパックは4月にTetra Pak® E3シリーズ充填機の全4機種に拡大したことを発表しました。

Tetra Pak® E3シリーズは画期的な電子線による新型包材殺菌システムeBeamを採用しています。
Tetra Pak® E3プラットフォームを基本に、アセプティック充填システムとチルド充填システムがあり、それぞれ小型、大型容器サイズに対応します。

テトラパックのプロダクトマネジメント及びコマーシャルオペレーション担当のエグゼクティブ・バイスプレジデント、チャールズ・ブランドは、次のように述べています。「包材殺菌へのeBeamの採用は、飲料用紙容器では初の試みです。この新しいテクノロジーは稼働コストを20%削減します。それと同時に、エネルギー消費の削減と水の再利用がより容易になったことで、地球環境にもより配慮したシステムを実現しました。」

Tetra Pak® E3/Speed Hyperは世界最速のアセプティック充填機で、製品ラインナップの最新鋭の充填機です。E3/Speed Hyperは、1時間当たり40,000個のアセプティック小型容器を製造できます。このスピードは、他社の最高速充填機を60%以上も上回り、業界のトップレベルです。eBeamを採用したことにより、従来の過酸化水素水を使用した殺菌システムに比べ効率的でより速い製造が可能になりました。

さらに、Tetra Pak® E3/Flexも新たにラインナップに加わりました。新しいチルド大型容器、テトラ・ブリック 900 ウルトラエッジが製造できます。従来の大型容器より背が高く、スリムな形状のウルトラエッジは、競争の激しいチルド製品市場で差別化できる魅力的な容器です。

上記の2つの充填機が加わり、eBeam 搭載のTetra Pak®E3シリーズは下記の全4機種となります。

o Tetra Pak® E3/CompactFlex (チルド小型容器用)
o Tetra Pak® E3/Flex (チルド大型容器用)
o Tetra Pak® E3/Speed Hyper (アセプティック小型容器用)
o Tetra Pak® E3/Speed (アセプティック大型容器用)

「eBeamはこの業界の今後の方向性を示しています。テトラパックはこれからもバラエティーに富んだ形状と特徴を持つ容器を提供し続けてまいります」とブランドは話しています。

本ニュースはスイスのローザンヌにて2017年4月6日 (現地時間) に発表されたリリースの抄訳です。

補足:

  • The eBeam テクノロジーはテトラパックとCOMET社で共同開発しました。COMET社は世界的な高電圧および高真空テクノロジーのリーディング企業です。Tetra Pak® E3 プラットフォームはeBeam殺菌テクノロジーを使用しています。
  • 従来の過酸化水素による包材殺菌に替わり、電子線による新型包材殺菌システムeBeamは、電子線を包材の表面に照射し、微生物を死滅させます。
  • テトラパック E3 platform は2015年に Tetra Pak® E3/CompactFlex 充填機で最初に日本で発表されました。http://www.tetrapak.com/jp/about/newsarchive/20150708-e3compactflex
  • E3プラットフォームについて:http://www.tetrapak.com/tetra-pak-e3-ebeam(英文のみ)