パッケージング ラインの最高のパフォーマンス

PLMS センター
お客様が制御できるデータ管理

テトラパックのパッケージング ライン監視システムであるPLMSセンターを使用すると、充填およびパッケージング業務において装置のパフォーマンスと食品製品の品質を完全に制御できます。食品や飲料の生産は、食品を安全に保ち、一定の品質の製品を生産し、高いスループットを実現して操業コストを最小限に抑えるために、一貫した監視が必要なバリューチェーンです。充填およびパッケージング ラインでは、最高のパフォーマンスを実現するために、シフトごとに、また年ごとに、すべてのデータを詳しく管理できなければなりません。PLMSセンターは統合された操業データを収集して表示し、インターフェースも使いやすく作られています。

重要な工程を制御する

重要な工程を制御する

PLMSセンターにより、充填装置およびパッケージング ラインのプロセス パラメーターと重要な制御ポイントを監視できます。これで、機械プロセスに変化が見られた際にも、詳細なトラブルシューティングを実施できます。PLMSセンターでのパッケージ ライン データの管理には、以下のような利点があります。

  • 事実に基づく決定で人的エラーを減らします
  • 信頼性の高い情報とデータ管理により、一貫性の高い操作手順で確実に操業します
  • 必要となる人的な工数を減らし、計算とデータ分析にかかる時間を短縮します
  • 高い精密性と反復性で廃棄物と仕様に合わない製品を減らします
  • 適時な対応と対象を絞ったメンテナンスで、ダウンタイムを削減します
  • ラインと装置の稼働率を最適化して、OEE (設備総合効率) を高めます
  • 上記のすべての利点により、操業コストが削減されます

PLMSセンターのことなら、テトラパックにお問い合わせください。