ホエイ蒸発濃縮

蒸発とは、製品から水を取り除いて濃縮することです。 粉末を作る際には、乾燥の前にこの処理が行われます。

ホエイ用の蒸発濃縮装置

蒸発では、製品から可能な限り多くの水をできるだけ効率良く取り除くことが課題となります。 これは電気または蒸気で行え、最も使用しやすい熱源を選べます。 2 つ目の課題は、エバポレーターの管がブロックされて汚染の原因にならないように、製品が常に流れている状態にすることです。

世界最大のエバポレーター メーカーの 1 つ

テトラパックは、世界 3 大エバポレーター メーカーの 1 つです。 最大 20 メートルの高さのものを製造でき、600~700 Kw のモーターでファンを回します。 しかし、当社の蒸発スペシャリストの専門知識のレベルは、他社の追随を許さない高度なものです。 当社はお客様の製品の扱い方を熟知しています。

蒸気速度および湿潤速度を計算し、製品の損傷を防ぐために適切な温度を正確に設定できます。 またエバポレーターの熱伝導係数を計算することもできます。液体の粘度はエバポレーターの入口と出口で異なり、粘度は熱伝導に影響するため、熱伝導係数を算出するのは普通は容易ではありません。

衛生的な機器の設計と丁寧な加工処理

汚染を避けながら高品質な最終製品を得るには、衛生的な機器の設計と丁寧な加工処理が必要です。 蒸発処理とそれに関連するプリヒート処理は、粉末の特徴と微生物の含有に大きな影響を与えます。 直接蒸気注入器(DSI)を使うと、製品への損傷を最小限に抑えながら、製品を 1 つの温度から他の温度に移行して、冷却することができます。 ホエイたんぱく質、乳糖、およびリン酸カルシウムの化学特性を熟知していることは、加工処理を微調整して、最大限の効率と製品の品質を確保するために重要です。 当社では、お客様が蒸発処理を制御して、洗浄との間の時間を最大限に活用できるようにサポートいたします。

また最近では、計算流体力学(CFD)のテクニックを使ってシミュレーションを行ってから、試験工場で物理テストを行います。 CFDを使うと、最適な生産ラインを設計でき、エネルギー、水、その他のユーティリティの消費を最小限に抑えられます。

ホエイ蒸発濃縮用の装置

Tetra Pak® 薄膜流下式エバポレーター  MVR

Tetra Pak® 薄膜流下式エバポレーター MVR

Tetra Pak® 薄膜流下式エバポレーター MVR は、完全に自動化された連続蒸発濃縮システムです。

Tetra Pak 薄膜流下式エバポレーター  TVR

Tetra Pak® 薄膜流下式エバポレーター TVR

Tetra Pak® 薄膜流下式エバポレーター TVR は、完全に自動化された連続蒸発濃縮システムです。

テトラ・シェファー エバポレーター - TVR(Thermal Vapour Recompression:熱式蒸気再圧縮)

テトラ・シェファー™ エバポレーター - TVR(Thermal Vapour Recompression:熱式蒸気再圧縮)

テトラ・シェファー™ エバポレーター TVR は、完全に自動化された連続蒸発濃縮システムです。

ホエイ蒸発濃縮の詳細についてお問い合わせください