日本での環境への取り組み

テトラパック®は2011年に2020年に向けた事業戦略を発表しました。その優先事項のひとつに「環境」があり、テトラパックの製品と サービスのさらなる環境優位性を強化するために次の三つの目標を掲げています。このウェブサイトでは日本テトラパックがこの3つの目標達成のために取り組んでいる特徴ある主な活動をご紹介します。

(1)バリューチェーン全体の環境負荷低減

テトラパック®だけでなく、バリューチェーン全体で気候変動に対する影響を軽減し、ビジネスを成長させながら、2020年の温室効果ガスの排出は2010年レベルを超えないという目標を定めています。

【日本での取り組み】

  • グリーン電力証書を用いたグリーン電力の活用
  • モーダルシフト

(2)持続可能な製品の開発

100%再生可能な素材でできた紙容器の開発を目指し、FSC認証原紙使用比率の向上とバイオキャップを使用した容器の開発・販売を進めていきます。

【日本での取り組み】

  • FSC®認証紙の使用
  • ライフ・サイクル・アセスメント「エコリーフ」

(3)紙容器のリサイクル率向上

2020年までに全世界でテトラパック®の紙容器のリサイクル率を2011年の約2倍、40%にすることを目指しています。

【日本での取り組み】

  • 紙容器のリサイクルネットワーク
  • アルミ付き紙容器のリサイクルの回収拠点
  • 日本テトラパックのベルマーク運動

(1)バリューチェーン全体の環境負荷低減

グリーン電力証書を用いたグリーン電力の活用

私たちは持続可能な社会に向けて、紙容器の主要素材である森林資源だけではなく、使用する電力に関しても再生可能なエネルギーを活用しています。

2008年4月より、本社オフィス、及び御殿場工場での紙容器包材製造で使用するエネルギーの一部に、日本自然エネルギー社が供給するグリーン電力を使用しています。2015年は約34万9千kWhのグリーン電力を購入し、本社の使用電力および御殿場工場での紙容器包材製造に使用する電力に充当しました。2015年の証書購入実績で年間約199トン*のCO2削減に貢献したと試算できます。 2009年2月、御殿場工場は太陽光発電装置(30kW)を敷地内事務所棟屋上に設置し、事務所棟の電力として使用しています。2015年の年間発電量は32,700kWhで、これにより年間約18.6トン*のCO2削減に貢献しています。 *地球温暖化対策推進法で使用する全電源平均CO2排出係数(2015年度)0.570kg-CO2/kWhで計算したものです

グリーン電力の活用
モーダルシフト/海上輸送

モーダルシフト

輸送上の温室効果ガス排出削減を目指して、北海道や九州方面への海上輸送を推進しています。2011年9月に宮崎県のお客様に向けての第一便が出航して以来、2014年は九州方面では5エリア、6社、8か所への納入を実施し、北海道へはすべての便で海上輸送を行っています。

(2)持続可能な製品の開発

FSC®認証紙の使用

テトラパック®は100%再生可能な素材でできた紙容器の開発を目指しています。森林資源は慎重に管理すれば、枯渇させることなく持続的に成長と再生を繰り返すことができます。私たちの最終的な目標は、当社の容器に使用されるすべての木質繊維が、現在FSC®(森林管理協議会:Forest Stewardship Council®)が定めている最高水準に基づく認証を受けた、責任をもって管理された森林から産出されたものになることです。FSC®認証紙の供給比率は、2012年の38%から2013年の41%へと増加しています。2014年に販売されたFSC®ラベル付きテトラパック容器は437億個に達し、2013年と比べて1400億個以上増加しました。

どうぶつほんねマーチ
森に住む動物たちの「本音」をコミカルに描いた動画。
FSC®ラベルについて知ることができます。

FSC®認証紙の使用
エコリーフ環境ラベル

ライフ・サイクル・アセスメント「エコリーフ」

私たちは、持続可能な社会の実現に向けて私たちは自社製品が環境に与える負荷を定量的データとしてとらえた「エコリーフ環境ラベル」を業界で初めて取得しました。再生原料の使用・不使用や、リサイクルなど、その製品に関わる一部の環境側面だけを見るのでなく、製品を作るために資源を採取してから製品が廃棄されるまでの一生にわたって、その製品が環境に与える影響を広く考慮することも大切です。

エコリーフとは、産業環境管理協会が運営し、製品の製造・使用・廃棄までの全段階の環境負荷をLCA(ライフサイクルアセスメント)手法によって分析し、その結果を公開する環境ラベルです。環境ラベルに表記されているアドレスにアクセスすることで、誰もがその製品の環境情報を見ることができます。 現在までにエコリーフに登録されたテトラパック®の紙容器は15製品。 皆様にテトラパックの紙容器の優れた環境性を広く認識していただき、環境社会において皆様の商品選択の一つの参考としていただければ幸いです。

エコリーフ登録の紙容器

(3)紙容器のリサイクル率向上

紙容器のリサイクルネットワーク

テトラパック®はアルミ付き紙容器もリサイクルできる、高度な技術を持った再生紙・パルプメーカーや洗浄加工事業者、古紙問屋との業務提携を全国規模で展開しています。

家庭で飲用された使用済み紙容器は「開いて洗ってから回収されます。自動販売機などの屋外で飲用されたものは、分別・回収されてから洗浄加工されます。その後、高品質な再生パルプの原料として再生紙工場に送られ、トイレットペーパーなどに生まれ変わります。

効率的なリサイクルのために

使用済み紙容器は、高品質な再生パルプの原料として再生紙工場に送られ、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの家庭用衛生紙にリサイクルされています。使用後の紙容器をリサイクルする場合には、内容物の飲み残しや異物を取り除くため、『開いて、洗って、乾かす』ことが必要ですので、ご協力をお願いします。
またアルミ無し紙容器(牛乳パックなど)だけでなく、アルミ付き紙容器(内側が銀色のもの)もリサイクル可能ですので、合わせてリサイクルご協力をお願いします。

リサイクルネットワーク提携企業一覧
紙容器リサイクルフロー

アルミ付き紙容器のリサイクルの回収拠点

牛乳パックは自治体による地域回収が行われており、スーパー・生協等でも店頭回収を行っているところが全国各地にあります。一方、アルミ付き紙容器(開くと内側が銀色)は、これまで回収拠点があまり多くありませんでしたが、最近は、再生紙工場のリサイクル技術の向上等によって徐々にリサイクルが進み、回収拠点も少しずつ増えてきています。

下記のサイトでお近くのスーパー、生協などでアルミ付き紙容器を回収しているか検索してみてください。アルミ付き紙容器リサイクルのネットワークは全国に広がっています。

アルミ付き紙容器の回収拠点等検索

テトラパック® リサイクル便

どこにお住まいの方にでも、アルミ付き紙容器の回収に参加していただける「テトラパック® リサイクル便」をご紹介します。

テトラパック リサイクル便

回収拠点が近くにないなどの理由からリサイクルされなかった使用済みアルミ付き紙容器を、直接家庭から再生紙メーカーにつなぐことで、リサイクルできる環境を整えることを目的に2008年4月より取り組み始めた、新しいリサイクルルートです。

テトラパック リサイクル便

日本テトラパックのベルマーク運動

日本テトラパックは、公益財団法人ベルマーク教育助成財団が推進するベルマーク運動に参加し、社会貢献活動と同時に、環境面においてもテトラパックの紙容器のリサイクルを積極的に推進しています。

日本テトラパックのベルマーク運動は、ベルマークを切り取るのではなく、テトラパックの紙容器そのものを“開いて、洗って、乾かして”送るという方法です。飲み終わった後の牛乳やジュースの紙容器を各学校で集めて、専用回収箱でテトラパック回収センターにお送りください。集めた紙容器の重量に応じて、ベルマーク点数証明書を発行します。ただし、対象の紙容器にはテトラパックの専用マークがついていますので、回収時にご確認の上、ご送付をお願いします。

日本テトラパックのベルマーク運動
日本テトラパックのベルマーク運動