ガバナンス

成功を生む持続可能なビジネスの基礎は優れたコーポレート・ガバナンスであることを当社は認識しています。 当社の事業活動すべての指針となる明確なガバナンス・フレームワークを当社が規定している理由はここにあります。

当社のガバナンス・フレームワーク

テトラパックのガバナンス・フレームワークは、当社ブランドの約束である PROTECTS WHAT’S GOOD™ (大切なものを包んでいます) の履行、関連する法令と規則の順守、および倫理感と責任感のある行動の実現を目的として構築されています。 優れたガバナンスは、持続可能なビジネスを構築し、お客様と長期に及ぶ共通の価値観を築き上げるうえでの基本であると当社は認識しています。

テトラパックのガバナンス・フレームワーク

権限と価値

 フレームワークのこの部分では、企業目標と企業戦略の設定およびそれらを達成するための方法の構成を示しています。 また、社内の仲間およびバリューチェーンの関係者の皆様とどのように協力し、行動するかという点についての指針にもなります。 その概要は次のとおりです。

  • 責任に関する憲章: Tetra Laval Group 役員会から発行されたこの憲章は、同役員会およびテトラパックの役割と責任の概要を規定しています。 テトラパックの CEO は、ガバナンス・フレームワークに関する最終的責任を担います。
  • コア・バリュー: コア・バリューは、企業文化を形成し、社内および社外での従業員の行動指針となるものであり、さまざまな文化、国、背景の人々をつなぐ役割を果たしています。 共有され、現実感のあるコア・バリューは、優れたガバナンスに不可欠です。
  • 行動規範: 行動規範は、当社の活動すべてにおける労働条件、差別禁止、守秘義務、利害の衝突、財務報告、法の順守、腐敗防止、贈収賄、児童労働搾取、および環境問題に関する要件を規定します。

内部統制環境

フレームワークには、関連の指針とリスク軽減方針を備えた包括的なリスク管理手法や、リスク管理とリスク対応の手順とプロセスなどがあります。当社の最先端のガバナンス・リスク・コンプライアンス (Governance Risk Compliance、GRC) システムは、効果的で透明性のある内部統制環境の確立を目指す主要な手順を示します。 GRC によってリスク管理に向けた単一のプラットフォームを構築することで、保証プロセス、評価、報告書と共に、リスク軽減の方針、手順、および詳細な管理をまとめて 1 か所に配置できます。

組織および意思決定の構造

当社のグローバル・リーダーシップ・チーム (GLT) がこのフレームワークの導入に責任を持ち、コーポレート・ガバナンス・オフィスおよび地域のガバナンス担当者とリスク担当者のネットワークがサポートします。

また、GLT は意思決定の管理を目的として、 戦略、製品と技術、変革と能力、およびコーポレート・ガバナンスに関して中心となる 4 つの主要な委員会を設置しています。

当社の CEO および GLT は毎年、当社におけるコーポレート・ガバナンス・フレームワークの順守について報告する Management Declaration を作成して署名し、Tetra Laval Group 役員会にしています。 Management Declaration は、すべての市場分野および運営部門の長からの詳細な報告と自己評価に基づいています。

国際的フレームワーク

当社は、2004 年の国連グローバル・コンパクト (UN Global Compact) への署名以来、人権、労働、環境、および腐敗防止に関するその 10 原則の導入、開示、啓発に取り組み、コミュニケーション・オン・プログレスを毎年提出しています。 そこに規定した企業としての機能は、以下に挙げるそれぞれの調和を役割としています。

  • 人権: 人事/企業広報
  • 労働: 人事
  • 環境: 環境
  • 腐敗防止: コーポレート・ガバナンス

当社はまた、国連の持続可能な開発目標 (UN Sustainable Development Goals (SDGS)) にも積極的に貢献しています。

意識、理解、および法令順守

社内のあらゆるレベルのすべての従業員に、日々の決定や行動においてガバナンス・フレームワークに準拠する義務があります。 フレームワークの詳細は当社イントラネットで確認できます。また、必須の e ラーニング・プログラムも実施されています。

内部告発

当社内の誰であっても、行動規範に対する実際の違反や違反が疑われる事案、またはその他の非倫理的行動について、コーポレート・ガバナンス・オフィサーまたは監査責任者に直接、匿名で報告でき、決して罰せられることはありません。 当社の行動規範に対する違反の各事例は、違反の深刻さに応じて、個々に扱われ、適切に調査されます。 問題に犯罪性がある場合は、関係当局に報告されます。

腐敗に対するゼロ トレランス

腐敗防止は、コーポレート・ガバナンスに対する当社のアプローチの中でも重要な部分であり、腐敗、贈収賄、および詐欺に対し、たとえ軽微な違反行為であっても当社は容認しない姿勢で臨みます。 腐敗は非倫理的です。市場の公平性を損ない、取引コストに悪影響を及ぼします。さらに、開放的で誠実な、好ましい社会を破壊し、経済、社会、そして政治的進歩を阻害します。 腐敗との戦いは、お客様や供給業者などの関係者との信頼関係を築き、責任感のある透明な企業文化を育む上で重要な要素です。

信頼と透明性

お客様との間で信頼と透明性を構築すること、さらに供給業者との責任ある調達へのアプローチの一環として、テトラパックは Sedex (Supplier Ethical Data Exchange) に参加しています。 セデックスは、サプライ・チェーンにおける責任ある倫理的なビジネスの実践の向上を推進する、非営利の会員制組織です。

ガバナンスについて