テトラパックのエグゼクティブリーダーシップチーム

社長兼 CEO

Adolfo Orive

Adolfo は 2019 年 4 月から社長兼CEOを務めています。彼は、2021 年 11 月からエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーであり、2014 年から元グローバルリーダーシップチームのメンバーでした。

テトラパックで 20 年以上のキャリアを持つ Adolfo は、職務や地域を超えて上級管理職を歴任し、担当した複数の市場やクラスターで持続可能な収益性の高い成長を推進してきました。 Adolfo は、会社の戦略を定義するうえで基本的な役割を果たし、「大切なものを包んでいます」というテトラパックの約束に基づき食品、人々、地球を守る推進力となってきました。

メキシコ出身の Adolfo は、メキシコのイベロアメリカ大学(IBERO)で生産工学の学士号、また、メキシコ自治工科大学(ITAM)で MBA を取得しています。

加工処理ソリューションおよび機器担当執行副社長

Charles Brand

Charles は、2021 年 11 月から加工処理ソリューションおよび機器担当の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、2019 年 4 月からヨーロッパおよび中央アジアのクラスター副社長を務め、2015 年から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。

これまで、製品管理およびコマーシャル・オペレーション担当執行副社長や台湾支社の社長などの上級管理職を歴任しています。 テトラパックには、電子工学開発エンジニアとして 1985 年に入社しました。

Charles の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼はイギリス出身で、スウェーデンのルンド工科大学で電子工学の学位を取得しました。

財務およびサプライヤー管理担当執行副社長

Bruce Burrows

Bruce は、2021 年 11 月から財務およびサプライヤー管理の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、財務、サプライヤー管理およびビジネストランスフォーメーションのシニアバイスプレジデントで、2012 年から元グローバルリーダーシップチームのメンバーでした。

Bruce は 1995 年に南アフリカの管理会計担当者としてテトラパックに入社して以来、様々な上級管理職を歴任しています。

Bruce の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼は南アフリカ出身で、南アフリカのナタール大学で商業学と会計学の学位を取得しています。 また彼は、南アフリカの公認会計士、イギリスの公認管理会計士、アメリカの公認グローバル管理会計士の資格も取得しています。

パッケージングソリューション担当執行副社長

Ola Elmqvist

Ola は、2021 年 11 月からパッケージングソリューションの執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、加工処理ソリューションおよび機器担当のクラスターバイスプレジデントを務め、2015 年 5 月から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。

Ola はこれまでに、中国、東北アジア、オセアニアの液体食品事業担当副社長およびサプライチェーン事業担当副社長、テトラパックの南欧・東欧の管理責任者など、上級管理職を歴任しています。 彼は 1990 年に、生産管理職研修生としてルンドのテトラパックの工場に入社し、キャリアを積んできました。

Ola の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼はスウェーデン出身で、スウェーデンのルンド大学工学部で電子工学および電気工学の修士号を取得しました。

サービス担当執行副社長

Roberto Franchitti

Roberto は、2021 年 11 月からサービス担当の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、サービスおよび品質担当の執行副社長を務め、2019 年 11 月から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。

Roberto はこれまで、カートンバリューおよびエコノミープラットフォームのバイスプレジデント、南ヨーロッパのサービス担当クラスターリーダーなど、さまざまな上級管理職を歴任してきました。 テトラパックには、2007 年、開発およびエンジニアリングのプログラムマネージャーとして入社しました。

Roberto の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼はイタリア人で、英国のアングリアラスキン大学で機械工学の学位を取得しています。

サステナビリティおよびコミュニケーション担当執行副社長

Lars Holmquist

Lars は、2021 年 11 月からサステナビリティおよびコミュニケーション担当の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、パッケージングソリューションおよびコマーシャルオペレーション担当の執行副社長を務め、2019 年 4 月から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。

それ以前は、ヨーロッパと中央アジアクラスターのマーケティング担当副社長、アドリア支社や南欧・東欧支社の管理責任者など、テトラパックの上級管理職を歴任しています。 テトラパックには、1991 年に管理職研修生として入社しました。

Lars の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼はスウェーデン出身で、スウェーデンのチャルマース工科大学でインダストリアルマーケティングと機械工学の修士号を取得しました。

マーケットオペレーション担当執行副社長

Tatiana Liceti

Tatiana は、2021 年 11 月からマーケットオペレーション担当の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、アメリカのクラスター副社長を務め、2019 年 4 月から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。

彼女は 1998 年にテトラパックに入社し、メキシコ支社、アンディーナ支社、ペルー支社の管理責任者などの上級管理職を歴任しています。

Tatiana の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼女はペルー出身で、マサチューセッツ州のバブソン大学で MBA を取得しました。

開発およびテクノロジー担当執行副社長

Laurence Mott

Laurence は、2021 年 11 月から開発およびテクノロジー担当の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、開発およびエンジニアリング担当の執行副社長を務め、2018 年から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。

彼は 2001 年に、スウェーデンを拠点とするアセプティック技術マネージャーとしてテトラパックに入社しました。 以来、パッケージング技術担当副社長やカートンボトル&ゲーブルトップ容器プラットフォーム担当副社長など、数々の上級管理職を歴任してきました。

Laurence の活動拠点はスイスのローザンヌです。 彼はイギリス出身で、米国のメイン大学で繊維科学および力学の博士号を取得し、英国のウェールズ大学で理学修士号を取得しています。

人事およびトランスフォーメーション担当執行副社長

Phil Read

Phil は、2021 年 11 月から人事およびトランスフォーメーション担当の執行副社長およびエグゼクティブリーダーシップチームのメンバーを務めています。それ以前は、人事(HR)担当のシニア副社長を務め、2014 年から元グローバルリーダーシップチームのメンバーを務めています。彼はテトララバル・グループのHRの責任者も務めています。

テトラパックには、2008年にサプライチェーン人事担当副社長として入社しました。その後、パッケージングソリューション人事担当副社長に任命されています。

Phil の活動拠点は英国です。 彼はイギリス出身で、イギリスのケンブリッジ大学で自然科学の学位を取得し、ブリストル大学では国際政治学の学位を取得しています。