食品向け容器を一から考え直す

食品向け容器を一から考え直す必要があることは明らかです。 リサイクルは紙容器の環境への影響の低減に役立ちますが、リサイクルだけでは環境への影響を食い止めることはできません。

炭素排出量の監視: なぜこれらはまだ増加しているのか?

世界の食料システムは世界の温室効果ガス排出量の 26% を占めています。 エネルギーが排出量の大部分を占めていますが、食品の農業、加工、流通にも大きな気候フットプリントがあります。

世界で生産される食品全体の 3 分の 1 が損失または廃棄されています。

腐っているわけでもなく人間が食べても問題のない食品を捨てたり処分することを食品廃棄と言います。 国連食糧農業機関(FAO)によると、食品サプライチェーンで損失したり無駄になる食品は全体の 3 分の 1 と言われています。

リサイクル: これを機能させるには何が必要か?

素材をリサイクルすることで、テトラパックは廃棄物の低減、資源の節約および気候への影響を低減を促進します。 しかし、世界の廃棄物でリサイクルされているのはわずか 13.5% で、世界のプラスチック廃棄物の 40% が環境に排出され、人類と地球に壊滅的なダメージを与えています。そのためにリサイクルのメリットはなかなか信じられないことかもしれません。

使用済み容器の自然への負担を低減

多くの国や地域が廃棄物の問題に取り組み、返却可能、再利用可能、リサイクル可能な製品や材料にシフトしています。 世界中の関連機関は、業界やボランティアのイニシアチブに支えられてリサイクルの大きな目標を設定しています。 しかし、現在の収集とリサイクルには限界があることは明らかです。

関連ストーリー

持続可能な食品向け容器に関する課題

持続可能な食品向け容器に関する課題

調達から使用済みの段階まで、将来の容器を開発する際に考慮すべきことがたくさんあります。 ここで 5 分以内にすべての事実を学びましょう。

全文を読む

全体像を知るために、テトラパックのビデオをご覧ください

容器は、グローバルな食品配送システムで重要な役割を果たし、世界中の人々が安全で栄養価の高い食品を入手するために役立ちます。 しかし、それが地球環境に影響を及ぼす可能性もあります。 このビデオを見て、ソリューションがどこにあるかを理解しましょう。

未来の食品向け容器へのテトラパックのジャーニー

未来の食品向け容器へのテトラパックのジャーニー

テトラパックの目的は、完全に再生可能、リサイクル可能でカーボンニュートラルな植物由来の素材のみで作られた紙容器の開発です。 これらはすべて世界で最も持続可能な食品向け容器を提供するためのテトラパックのジャーニーの一部です。

テトラパックの大きな目標

テトラパックの大きな目標

テトラパックの社長兼 CEO である Adolfo Orive 氏が、食品の安全性と可用性を守りながら地球への影響を低減する、持続可能な食品向けの究極の容器の開発というテトラパックの大きな目標について語ります。

詳しく見る

他のホワイトペーパーを探す

ホワイトペーパー: 未来の持続可能な容器

将来の持続可能な食品向け容器はどのようなものか? このホワイトペーパーでは、サステナビリティの変革をリードし、プラスの影響を与えるために何が必要かを学びます。

他のレポートを探す

消費者環境動向レポート 2020

この 2020 年の消費者調査レポートでは、食品向け容器に注目し食品および飲料業界におけるサステナビリティに関する消費者の傾向と行動を検証しています。

他のニュースレターを探す

ニュースレターに登録して、運動に参加しませんか

持続可能な容器の問題に関するインサイト、革新のマイルストーン、そして役立つアドバイスを共有する限定ニュースレターシリーズに是非ご登録ください。