Go Nature. Go Carton.

課題    テトラパックの旅    検索    ソリューション

食品用の容器包装を一から考え直す

より持続可能な容器への要求に応えることができる再生可能な原材料

消費者はより健康的で活動的なライフスタイルを送っています。つまり、安全で便利な食品用容器がますます求められています。 ただし、消費者は持続可能性を犠牲にするを良しとしません。 ボストンコンサルティンググループの最近の調査によると、消費者の 74% が持続可能な容器により高い金額を払うと答えています [1] 。

同調査によると、消費者のほぼ半数が環境への配慮に欠けると考えられる容器を敬遠し、その消費者の 68% がプラスチックを海洋汚染と関連付けて考えています。 プラスチックは、食品保護の優れた特性により多くの食品用容器に使用されていますが、 プラスチックは主に石油由来で、石油は世界の炭素排出量の 3 分の 1 を占めています [1] 。

気候への影響が大きい化石ベースの材料

現在、世界の容器に起因する炭素排出量は、世界の航空または海運からの排出量よりも多く [3] 、その排出量は増加傾向にあります。 プラスチックの生産量が現在の速度で成長し続けると、年間の CO2 排出量は2030 年までに 13.4 億トン [4] に達します。

プラスチックの代替品としてアルミニウムの容器は再利用率が高いため、環境に優しい代替品のように思えますが、 プラスチックのように、製品の初期段階で環境に大きく影響します。 英国を拠点とする非営利コンサルタント会社 Carbon Trust によると、一次アルミ缶の生産は、ペットボトルの温室効果ガスの約 2 倍を占めています [5] 。

食品用の容器包装を一から考え直す必要があることは明らかです。 リサイクルは紙容器の環境への影響を低減するうえで役立ちますが、リサイクルだけでは環境への影響を食い止めることはできません。

責任ある調達の再生可能な原材料は、どのように違いを生むことができるでしょうか?

木質繊維で作られた板紙とサトウキビで作られたプラスチックは、化石ベースまたは有限の資源からではなく、植物由来の再生可能な素材から作られています。 その使用量を増やすことで、化石ベースの材料の必要性を最小限に抑えることができます。植物由来の再生可能な素材は気候にもやさしい素材です。 植物は、成長するにつれて大気から CO2 を吸収します。 対照的に化石ベースの材料は、何百万年もの間地面に貯蔵されていた CO2 を放出します。

責任ある調達の場合、植物由来の再生可能な素材は、生物多様性とそれらがサポートするすべての植物、動物、人類を含む私たちの自然生態系を保護できます。 包装資材企業は、サプライヤー、NGO、お客様と提携することで、責任ある持続可能な材料管理を促進できます。リサイクルと組み合わせることで、こうした責任ある調達の再生可能な原材料へ向けた動きは、私たちの地球が緊急に必要とする低炭素の循環型経済の達成に貢献します。

 

[1] Environmentalleader.com, New Report Finds Overwhelming Majority of Consumers Are Willing to Pay More for Sustainable Packaging

[2] Clientearth.com, Fossil Fuels and Climate Change: The Facts

[3] Material Economics, IEA Energy Perspectives, 2017

[4] Ciel.org, Plastics & Climate: The Hidden Costs of a Plastic Planet

[5] Reuters.com, Plastic bottles vs. aluminum cans: who'll win the global water fight?

[6] Nature.com, Future scenarios of global plastic waste generation and disposal

[7] Statista.com, Production of plastics worldwide from 1950 to 2018

運動へ参加する

ニュースレターに登録して、運動に参加する

持続可能な食品用容器の問題に関するインサイト、イノベーションの様々な節目、そして役立つアドバイスを共有する限定ニュースレターシリーズにご登録ください。

持続可能な食品用容器に関する課題

持続可能な食品用容器に関する課題

持続可能な食品用容器は挫折なしには実現しません。 調達から使用済みの段階まで、考慮すべきことがたくさんあります。 ここで 5 分ですべての事実を学びましょう。

絶好の機会

絶好の機会

持続可能性が食品・飲料業界の状況を変えるにつれ、ブランドは現在および将来の需要を満たすために取り組み方法を変えなければなりません。 テトラパックの持続可能な容器が新しい機会の活用にどのように役立つかを学びましょう。

テトラパックの旅: 最も持続可能な食品用容器も再生可能でなければなりません

容器に含まれる再生可能な素材の割合が多いほど、気候への影響は少なくなります。 そのため、再生可能パッケージは低炭素の循環型経済への移行の重要な部分となっています。

次の課題: 炭素排出量の監視 - なぜまだ増加しているのでしょうか?

世界の食品システムは世界の温室効果ガス排出量の 26% を占めています。 エネルギーが排出量の大部分を占めていますが、農業や食品の加工と流通にも大きな気候フットプリントがあります。

テトラパックの旅

未来の食品用容器へ向けたテトラパックの旅

未来の食品用容器へ向けたテトラパックの旅

テトラパックの目的は、完全に再生可能、リサイクル可能でカーボンニュートラルな植物由来の素材のみで作られた紙容器を開発することです。 これは、世界で最も持続可能な食品用容器を提供するためのテトラパックの旅の一部です。

全文を読む

全体像を知るために、テトラパックのビデオを見る

容器はグローバルな食品配送システムで重要な役割を果たし、世界中の人々が安全で栄養価の高い食品を入手するために役立ちます。 しかし、同時にそれが地球環境に影響を及ぼす可能性があります。 このビデオをご覧になり、ソリューションがどこにあるかを理解しましょう。

詳しく見る

未来の持続可能な容器

ホワイトペーパー: 未来の持続可能な容器

将来の持続可能な食品用紙容器は、どのような外観をしているでしょうか? このホワイトペーパーでは、持続可能性の変革をリードしプラスの影響を与えるために必要なことを学びます。

その他のレポートを見る

消費者環境動向レポート 2020

この 2020 年の消費者調査レポートでは、特に食品用の容器に焦点を当て、食品・飲料業界における持続可能性について、消費者の傾向と行動を検証しています。

運動へ参加する

ニュースレターに登録して、運動に参加する

持続可能な容器の問題に関するインサイト、イノベーションの様々な節目、そして役立つアドバイスを共有する特集ニュースレターシリーズにご登録ください。