気候変動は、容器包装業界におけるコラボレーション型の変革の新しい考え方を刺激

容器包装業界の代表的な企業は、協力会社との連携なしに直面している複数の課題を解決できるとは考えていません。 ブラジルの板紙メーカー Klabin 社の Francisco Razzolini 氏とテトラパックの Carina Rydén Pettersson に、炭素排出量、再生不可能な原材料の使用、限られたリサイクル性などの問題への取り組みを目指すコラボレーション型変革の新しい考え方について話を聞きました。 

Francisco Razzolini 氏は、環境への影響を極力低減しながら消費者の紙容器の需要に応えるには、新しい製品とプロセスの両方が必要だと述べています。 「既存の技術を使用する場合も新しい技術を開発する場合も、関係する会社間で頻繁にコラボレーションする必要があります」と、ブラジル最大の包装紙のメーカーおよび輸出業者、Kalbin 社で産業技術、変革、持続可能性およびプロジェクトディレクターを務める Razzolini 氏は述べています。 「そのためには、私たちはチームが一丸となって、信頼、安心感、共有意識を構築し、経験、考え、アイディア、進展を共有する必要があります。」

Klabin 社は、テトラパックが未来のパッケージングソリューションに関して容器包装のバリューチェーン全体でコラボしているパートナー会社の うちの1 社として、まさにそれを実践しています。

「コラボレーションは私たちの成功にとって不可欠な部分です」と、テトラパックのマテリアル戦略パートナーシップディレクター、Carina Rydén Pettersson は同意します。 「私たちはビジネスを継続しなければなりませんが、同時に私たちの地球にとって良いものを作る必要があります。 私たちは、協力することで互いの作業を軽減する必要性を非常に強く感じています。」

Voices of Innovation(ボイス・オブ・イノベーション)

コラボレーションの新しい考え方、Klabin

ブラジル最大の製紙会社 Klabin の持続可能性と材料担当ディレクター、Francisco Razzolini 氏との新しいコラボレーションの考え方が、容器包装業界が直面する持続可能性の課題をきっかけにどのように作り上げられたかをお話します。

Voices of Innovation(ボイス・オブ・イノベーション)

コラボレーションの新しい考え方、Klabin

ブラジル最大の製紙会社 Klabin の持続可能性と材料担当ディレクター、Francisco Razzolini 氏との新しいコラボレーションの考え方が、容器包装業界が直面する持続可能性の課題をきっかけにどのように作り上げられたかをお話します。

真のパートナーシップによる共同制作

もちろん、新しい製品やソリューションですでに協力している企業の間には目新しいことは 1 つもありません。 しかし、Rydén Pettersson によると、昨今の迫り来る気候危機に直面することによって、新しいパートナーシップに対する考え方がこれまでと違ってきたと言います。 「これは私たちの会社にとって非常に大きな変化です。 私たちは今、双方が多くの意見を持ち、お互いの知識を活用し、非常に前向きで健全な方法で実際に共同制作する真のパートナーシップを築いています。」 

Klabin 社とテトラパックが一緒に取り組む課題には、酸素と光から製品を保護するアルミホイルに代わって常温で容器包装された食品の栄養価と風味を維持する方法がありますが、これには二酸化炭素排出量が大きく絡んでいます。 

「これは、1 社で解決できる課題ではありません」と Rydén Pettersson は述べています。 

究極の目標は、単一の材料、すなわち板紙だけで作られた液体用の包材です。「私たちは、単一の材料を手に入れる段階にきわめて近づいており、それは3、4 年後に到来すると予想されます。」と Razzolini は述べています。

段階に応じた変革

Rydén Pettersson は、紙容器においては大きな逆転をもたらす突破口は 1 つではなく、より小さな繰り返しの連続であると述べています。 「究極の紙容器が手に入るまで待つことはできません。 それが最低限使用可能な製品であると私たちが信じるものを手に入れたら、段階的に進む必要があります。 私たちは、早期に採用してくれる顧客と一緒に市場に参入し、バリューチェーン全体から得られるフィードバックで進化と学習を続けます。」

持続可能性が業界の最重要課題に移行することと密接に関連した、この新しいコラボレーションの考え方は、過去 2 年間の進歩を示していると Rydén Pettersson は述べています。 「業界が持続可能性に投資している金額や解決策を見つけるために大学や研究者と共同作業する姿勢からも、その進歩が確認できます。 しかし、私たちにはまだ長い道のりが残っています。新しいソリューションを市場に投入するには、今後 3 年間が重要になると思います。」 

「私たちは社会の声や消費者の声を聞き、より持続可能な未来に向けてプロセスと開発を調整しているところです」と Razzolini は締めくくりました。 

Voices of Innovation(ボイス・オブ・イノベーション)

コラボレーションの新しい考え方、Klabin、第 II 部

ブラジルの Klabin 社とのインタビューの第 II 部では、完全に再生可能な紙容器に向けて進行中の段階的な変革についても取り上げます。

Voices of Innovation(ボイス・オブ・イノベーション)

コラボレーションの新しい考え方、Klabin、第 II 部

ブラジルの Klabin 社とのインタビューの第 II 部では、完全に再生可能な紙容器に向けて進行中の段階的な変革についても取り上げます。