2019-05-09
スウェーデン、ビンメルビュー

アーラ・フーズでの生産能力向上

革新的な新しいディスク スタック設計により、スウェーデンのビンメルビューに拠点を置くアーラ・フーズは、テトラパック製の 2 台のセパレーターで牛乳の加工処理量を最大 40% まで増加させています。

スウェーデンのビンメルビューにあるアーラ・フーズの粉乳工場では、改善プロジェクトが常に実施されています。 そのうちの一つは大きな成功を収めていることが証明されました。 ビンメルビューのアーラ・フーズは、分離能力と効率を飛躍的に高めることを目的とした技術開発プロジェクトで Tetra Pak と協力しました。 「分離技術は、1950 年代からあまり発展していないため、このプロジェクトに参加できて非常に嬉しく思いました」と、ビンメルビュー拠点で製品および技術開発部門のプロジェクト リーダーを務める Allan Leandersson は語っています。

従来型のセパレーター ディスクには、ディスクにスペーサーが溶接されています。 今回の新技術では、多数のポリノードがディスク素材と完全に一体化している点が特徴です。 これにより、ディスク間の距離が均一になり、より多くのディスクをセパレーター内で積み重ねることができます。 その結果、分離効率が大幅に向上します。

登録して記事全文をご覧ください: 新しいレベルの遠心分離

セパレーター ディスクを検査する食品エンジニア、アーラ・フーズ
事例記事

登録してダウンロードする

登録して記事全文をご覧ください: 新しいレベルの遠心分離