製品開発と食品の安全性の強化: 常温保存可能な食品の 3 つの主要課題に対処するソリューション

気候変動、自然災害、経済危機に対する継続的な懸念により、冷蔵の必要がない長期間保存可能な充填包装された食品の備蓄などの消費者トレンドが加速しています。 世界的なパンデミックや武力紛争などの最近の出来事、および消費者の多忙なライフスタイルなどの要因が、これらのレトルト包装の常温保存可能な製品に対する消費者の需要をさらに高めています。 缶詰食品の世界市場は、2021 年から 2027 年にかけて年間 3% 以上成長すると予測されています1

食品メーカーは、これらの製品の市場機会を獲得するために、拡大に適したパートナーを見つけること、新しい市場向けに新しい缶詰製品を開発する方法、食品の安全性を確保する方法など、多くの重要な課題に直面しています。 私たちはインサイトを得るために、スウェーデンのルンドにあるテトラ・リカルト® 容器の食品開発センター の経験豊かなシェフであり食品技術者でもある、Kim Jönsson と Peter Brunkestam に話を聞きました。

紙容器で遊ぶ少女

課題 1:

成長を続ける市場で適切なパートナーを見つける

包装された果物や野菜から、調理済み食品やソース、トマト調理品や豆に至るまで、長期保存可能な食品の市場が成長するにつれて、メーカーは適切なパートナーを見つける必要に迫られています。 これは、新規メーカーおよび小規模メーカーにとって、原材料の場所から販売における最終消費者に至る広範囲なネットワークの確立を意味します。 たとえば、トマトスープの場合、トマトが栽培されている場所にできるだけ近いところで製造する必要があります。 Kim Jönsson によると、答えは受託生産だと言います。

彼は次のように説明しています。 「受託生産者と連携することは、小規模ブランドがレトルト食品製造を開始するための最善の方法です。 また、大手の知名度のある会社にとっても、受託生産者と投資を共有できるため、より少ない資金でしかもより少ないリスクで新商品を発売するための優れた方法です。」

適切な受託生産者を見つけることは、新製品の製造、加工処理、充填包装、レトルト加工に関する材料、リソース、供給品すべてを調達できるパートナーを見つけることです。 理想的なパートナーは、また、世界的なネットワークを持ち、それゆえ将来他の製品や市場に進出する際にも世界を網羅できるような業者です。

Peter Brunkestam は、次のように詳しく述べています。 「受託生産者が皆、同じというわけではありません。 製造に最適なミキサーを所有していても、肉や野菜を目的に応じた方法で調理できる技術や機器を持っていない場合もあります。 メーカーは、彼らの製品を市場に間違いなく送り出すために適切なコネクション、設備、知識、専門知識があるパートナーを見つけなければなりません。」

課題 2:

新しい市場向けの新製品を開発する

どのような新しい常温保存可能な製品を発売する場合でも、重要なのは発売する市場の好みやライフスタイルを考慮することです。 ターゲットの消費者が違和感なく受け入れる味、食感、濃度とはどのようなものでしょうか? あるとすれば、どのような調味料が好みでしょうか?

「特定の市場に向けた地元の食品の理解を深めることがすべてです。 人々の味の好みは、地域によってまったく違います。 それが、世界中の特定の消費者向けに新製品を製造、または製造する際の難しい部分です。」と Kim Jönsson は述べています。

これは、材料や風味だけでなく様々な要素に関するテトラパックの調査から理解することができます。 世界中の市場向けに缶詰製品の開発、製造、充填包装における経験と専門知識を持つパートナーと提携することは非常に重要です。 トマトスープを例に詳しく説明しましょう。

「畑から食卓までどのような工程なのでしょうか? 米国でトマトスープを製造するパートナーを探しているとします。 レシピや味だけではありません。 また、栽培している品種、トマトの皮のむき方、収穫から製造までの期間なども関係するかもしれません 適切な知識とノウハウを持ったパートナーであれば、支援する方法を知っています。」と、Peter Brunkestam は説明します。

もちろん、プリン(この場合はスープ)を確かめるには食べることです。 そこでテストの出番です。レシピの実験や特定の市場に対応した開発、完成したサンプルを商品化するために必要なすべての機器、スタッフ、施設にアクセスできるパートナーと協力することには、大きなメリットがあります。 これは、品質の問題を防止し、適切な市場に対応した適切な製品を確実に製造するための最も確実な方法です。

テトラ・リカルト食品開発ラボの 2人のエキスパート

課題 3:

包装された食品製造における食品の安全とヒューマンエラー

食品の安全は、食品製造における最も難しい課題の 1 つで、ヒューマンエラーとも密接に関わっています。

ソリューションの 1 つがオートメーションです。 簡単に言えば、多くの人々が関わる製造ラインでは、多くのエラーが発生します、と Brunkenstam は述べています。 オートメーションであれば、一貫した製品品質、効率的な製造、作業者の安全の向上という追加のメリットがあります。

彼は次のように説明しています。 「従来の食品缶詰工場とオートメーションラインを比較してみましょう。 世界中の缶詰食品ラインでは非常に多くの人が働いています。これは、製品を手作業で取り扱うことが多いためです。 しかし、自動化に基づいて構築されたシステムを使用すると、プロセスと製造を調整し、よりスムーズに操業できるようになります。 重要なのは、ヒューマンエラーを大幅に減らすことができるということです。 ラインで働く人数が減れば、従来の缶詰ラインと比較してより効率的な製造が可能になります。

専門知識、知識、適切なテクノロジー、そしてバリューチェーン全体にわたる広範なネットワーク。 これらは、常温保存可能な食品を最適に製造するための最も重要なツールです。 お客様が新製品の開発や発売、または新しい市場への拡大を検討している場合は、食品開発センターにご連絡ください。

テトラパック販売チームに問い合わせる

Service engineers training

製品に関するお問い合わせは、営業部門が承ります。 お問い合わせ内容を書式にご入力ください。内容に応じたサポートをご提供します。

  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

お問合せの目的

1 つのオプションを選択してください

関心のある事業分野

1つ以上の事業領域を選択する
関心のある事業分野を選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

関心のある特定分野

1 つのオプションを選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

リクエストの範囲

1 つのオプションを選択してください

食品カテゴリー

    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
1 つのオプションを選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

関心のある特定分野

関心のある事業分野を選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
関心のある特定分野
リクエストの範囲
食品カテゴリー
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

リクエストをした理由

1 つのオプションを選択してください
このフィールドに入力してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
メッセージ
関心のある特定分野
リクエストの範囲
食品カテゴリー
リクエストをした理由
あなたの職種
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

企業情報

有効な業務用メールアドレスを入力してください。
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
1 つのオプションを選択してください
このフィールドに入力してください
1 つのオプションを選択してください

この書式を送信すると、あなたはテトラパックのプライバシーポリシーの内容を読み承認したことになります。

お問い合わせいただきありがとうございます

お客様のご依頼はチームに送信されました。近日中にご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。 別のご依頼またはお問い合わせのある方は、下のボタンをクリックしてください。