リサイクルされたポリアル材から屋根瓦と平板をメキシコで先駆けて開発


メキシコシティから 60 km に位置し、2013 年に設立された Placove 社は、リサイクルされたポリアル1材からの屋根瓦と平板の生産を専門にしています。品質と製品の受領拒否という課題に直面して、Placove 社はテトラパックによるサポートを受けてこれらの問題に対処し、生産能力を強化しました。

背景とイニシアチブ – 製品の品質を向上させるための連携

Placove 社は、品質と製品の受領拒否に関連する困難に直面し、それが成長と市場の受容を妨げました。テトラパックのガイダンスと技術支援により、Placove 社は品質上の課題を克服し、リサイクルされたポリアル材を高需要製品に変えることを目指しました。

ポリアル材から作られた屋根瓦

画像:その品質で有名になった Placove 社の屋根瓦

結果 – 設備と容量のアップグレード

テトラパックは、2014 年にポリアル洗浄ラインの設置において、Placove 社に貴重なアドバイスと技術サポートを提供しました。このサポートにより、生産品質が大幅に改善され、受領拒否はわずか 3% にまで低減されました。

Placove 社は、メキシコ市場におけるリサイクルされたポリアル材の主要企業としての地位を確立し、現在では利用可能なポリアル供給量の 50.6% を購入しています。その熱特性および浸透性で有名な屋根瓦は、養鶏場や養豚場からの高い需要があります。さらに、ポリアル製平板の需要は、特に建設および家具業界で着実に増加しています。

テトラパックのサポートにより、Placove 社はフル稼働を実現し、毎月 10,500 枚の屋根瓦を生産しました。同社の信頼性と評判は高まり、現在ではカートンから抽出され、リサイクルされたポリアル材から作られた屋根瓦と平板の主要な地元メーカーとして活動しています。

将来を見据えて – 増産と新興市場への拡大

Placove 社は、新しい遠心分離機と破砕機ラインを追加することでポリアル洗浄機能の向上を計画し、生産能力を拡大しています。さらに、2 台目のホットプレスを導入することで、生産能力が 2 倍になり、24 万個という衝撃的な年間生産量に達します。テトラパックの支援を受けて、Placove 社はメキシコ全土の沿岸地域と熱帯気候における新しい市場機会の開拓を目指しています。リサイクルされたポリアル用途のパイオニアとして、Placove 社の成長は、国内の持続可能な屋根瓦ソリューションへの前向きな一歩を意味します。

ポリアル材から作られた屋根瓦

画像:紙容器から抽出され、リサイクルされたポリアル材で作られた屋根瓦と平板の地元生産の主要メーカーとなった Placove 社

 

1紙容器の繊維以外の成分はポリアルとして知られ、アセプティック紙容器内の食品内容物を保護するために、酸素と湿気に対するバリアとして使用されるポリオレフィンとアルミニウムの層を指します。

所在地
メキシコ

パートナー
Placove

テトラパックのお問い合せ先
Roman Alfredo@tetrapak.com

お問い合せ

iPad を持っている手

お客様の持続可能性への変革を支援するテトラパックの方法をご覧ください。

お問合せの目的

1 つ以上のオプションを選択してください
  • 1
  • 2
  • 3

ステップ1 / 3

お問い合せ

概要

お問合せの目的

連絡先情報

名を入力してください
姓を入力してください
国/地域を選択してください
  • 1
  • 2
  • 3

ステップ2 / 3

お問い合せ

概要

お問合せの目的
メールアドレス
国/場所
送信できませんでした。 もう一度お試しください。

ご用件は何ですか?

このフィールドに入力してください

この書式を送信すると、あなたはテトラパックのプライバシーポリシーの内容を読み承認したことになります。

  • 1
  • 2
  • 3

ステップ3 / 3