2020-01-09
米国、テキサス

一次産品の付加価値のある製品への変貌

米国の酪農場協同組合 Select Milk は、テキサス州リトルフィールドに最先端の乳製品加工施設を建設しました。 ここでは、毎週数百万ポンドもの牛乳がバターと粉乳に変貌します。

テキサス州リトルフィールドにあった元デニムジーンズ工場が、最先端の乳製品工場に生まれ変わりました。 工場全体で1 日あたり約 40 万ポンド (181,437 キロ) の粉乳と 24,000 ポンド (10,886 キロ) のバターを生産します。

新しい施設の計画は 2015 年後半に開始されました。最初の 12 か月は完全なプラントエンジニアリングと設備設計に費やされ、その後さらに 18 か月がプラントの建設に費やされました。

「蒸発予備濃縮ユニットを膜 (RO (Reverse Osmosis: 逆浸透)) プラントとプロセスに置き換えました。 より効果的でコストを節約できます」と Select Milk の乳製品製造オペレーションの社長兼ゼネラルマネージャーである Steven Cooper 氏は述べています。 「このソリューションは、私たちが検討した他のソリューションよりも高度であり、非常に革新的です。 ターンキーの観点で、テトラパックから得るものは大きいです。」

事例記事-注: ダウンロード可能な英語版アセットです

登録してダウンロードする

フォームに入力して、「一次産品の付加価値のある製品への変貌」の記事全文をご覧ください
酪農場協同組合 Select Milk の処理装置

Select Milk

Select Milk は、合計 35 の家族が所有する 99 の酪農場の協同組合です。 各農場には平均 3,500 頭の牛が飼育され、1 日に最低 6,000 ガロン (22,712 リットル) の牛乳を産出しています。 Select Milk は、年間 78 億ポンド (35.4億キロ) の牛乳を処理します。これは、トラック 15 万台分の牛乳に相当します。 米国で 5 番目に大きい協同組合です。 Select Milk の 8 番目の乳加工工場は、米国テキサス州北西部の小さな村、リトルフィールドにあります。 この工場では粉乳とバターを生産しています。