茶と大豆の抽出装置

お茶の場合、抽出システムは半連続的です。 お茶のエキスは冷却および浄化(必要な場合)された後、ダウンストリームの加工装置で調合、加熱処理、容器包装されます。

大豆の場合、豆の磨砕、繊維分離、脱臭、および酵素不活性化によって濃縮物が抽出されます。 これは、レシピの配合と無菌処理の前に実施され、最後に製品を容器包装します。 製品の品質は、豆の種類、抽出方法、製品の配合などさまざまな要素によって決まります。

テトラパックの抽出ユニットは、磨砕、繊維分離、脱臭、および酵素不活性化を行います。 

シングルパス茶抽出システム

シングルパス茶抽出システム

テトラパック®のシングルパス茶抽出システムは、茶葉から高品質のRTD(Ready-To-Drink:パッケージ化された飲料)茶を抽出するための半連続システムです。

テトラパック® 抽出ユニット

最高レベルの大豆抽出を実現するテトラパックの抽出ユニット

大豆から大豆風味を残したベースと大豆風味を抑えたベースの両方を連続抽出できる、柔軟な生産システム。 大豆ベースは、混合、UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)処理を経て、容器包装されます。