ストリングチーズの製造装置

ストリングチーズはスティック状のモッツァレラチーズで、1 個あたり約 28 グラムの完璧なスナックサイズです。 ストリング状態は、ストリングチーズをお湯で処理することで作られます。すなわち、チーズは、60℃に加熱されている間に、クッカーストレッチャーのオーガーによって引っ張られ引き伸ばされます。 この機械的な調整により、乳タンパク質が伸びやすくなります。 チーズは、クッカーストレッチャーからポンプで押し出し機に送られ、カッティングベッドに押し出されます。 チーズスティックは、包装前の最後の段階でブライニングシステムに浸漬されます。 ストリングチーズの機器ポートフォリオは実績のある機械で構成され、すべてテトラパックのチーズ製造の専門知識と長年の経験に支えられています。

装置

テトラパック® ストリングチーズカッター AC

テトラパックストリング チーズ カッター AC

テトラパック® ストリングチーズカッター AC は、テトラパック® チーズエクストルーダー DA Sから押し出されたチーズロープを冷却および切断するように設計されています。

テトラパック® チーズエクストルーダー DA S

テトラパックチーズエクストルーダー DA S

テトラパック® チーズエクストルーダー DA S は、調理し伸ばしたパスタフィラータチーズを取り込んで成形ヘッドから押し出すように設計されています。