地元産の高品質な牛乳を生産する小規模自作農家を支援

国際農場比較ネットワークによると、現在、世界で生産される 9 億 6,000 万トンの牛乳のうち 3 億 7,700万トンが小規模自作農家によって生産されています。1

今後 10 年以内に、牛乳の世界的な需要が供給を追い越し、乳製品業界に大きな圧力がかかるようになります。2テトラパックの業界の専門知識を活用することで、地元産の高品質の牛乳の長期的な供給を保証し、食品ロスを最小限に抑えることができます。 

2011 年に開始されたデイリーハブプログラムは、地元の小規模農家と乳製品加工業者をリンクし、関連する冷蔵インフラストラクチャとテクノロジーをトレーニングサービスとともに提供して、地元産の高品質な牛乳の供給を増やしています。 

その結果、今では 54,000 軒以上の小規模自作農家がお客様に牛乳を届けています。農家は正式な市場へのアクセスができるようになると同時に、生活が改善され収入が増えました。

デイリーハブプログラムによる支援で、54,000 軒の小規模自作農家がお客様に牛乳を供給

ケニアで牛 1 頭あたりの搾乳量が 150% に増加

バングラデシュで小規模農家の月収が 144% 増加

ニカラグアの乳製品開発

食品の未来に向けて。

バングラデシュで最大 10,000 軒の農家の牛乳収集を改善

バングラデシュでは、酪農家の 90% 以上が、長距離輸送できない少量の牛乳を生産しています。 そのため、テトラパックでは2011 年に、お客様の PRAN RTL、スウェーデン国際開発庁(SIDA)、UNIDO とともに、牛乳の収集と輸送のためのより優れたインフラストラクチャを提供する 5 つの乳製品ハブの立ち上げを支援しました。 地元の収集センターが 15 〜 25km の範囲内にあるため、規模の小さな運送業者でも 1 日 2 回牛乳を配達できるようになり、牛 1 頭あたりの搾乳量が 143% に増加して小規模自作農 1 人あたりの平均月収が 144% 増加しています。

ウガンダの牛乳生産を 79% 増加

ウガンダの乳業界は、国の経済発展で非常に重要な役割を担い、国民の貴重な栄養供給源になっています。 とは言え、このセクターは様々な処理の課題に直面し、乳製品の 67% が非公式な収集と非効率的なバリューチェーンによって失われています。 テトラパックは Pearl Dairy Farm Community の一環として、ウガンダ南西部の 1,000 軒の酪農家に実践的な技術支援を行い、これらを専用の加工業者と結び付け、農場あたり牛乳生産を平均 79% 向上させました。

テトラパックの旅

安全で栄養価の高い食品を入手しやすくするにはどうしたら良いのでしょうか?

テトラパックは、食品の包装、加工、技術的専門知識を組み合わせることで、食品を安全に入手できるよう取り組んでいます。

どうすれば食品ロスと廃棄物を減らすことができるでしょうか?

テトラパックはお客様と協力して、食品の損失を最小限に抑える高性能の食品加工処理ソリューションを開発し、品質保持期限の延長や食品廃棄物の削減に役立つ食品包装ソリューションを創出します。

どうすれば持続可能な食品のバリューチェーンを構築できるでしょうか?

テトラパックは、サプライヤーやパートナーと協力して、持続可能な生産、加工、包装、流通、消費を促進するソリューションをサポート、開発、供給しています。

詳しく見る

テトラパックのパートナーシップ

食品の持続可能なバリューチェーンを構築し、食糧安全と栄養に関するグローバルな課題に取り組むためには、利害関係者間での協力が不可欠です。 テトラパックは、この旅を通して協力し合えるパートナーとネットワークを求めています。

登録してテトラパックのニュースレターを申し込む

業界の課題を中心にお伝えするニュースレターに登録して、テトラパックの視点から導き出されたインサイトを共有しましょう。

テトラパックの貢献方法

[1] https://www.tetrapak.com/sustainability/food/food-availability/dairy-hubs 

[1] https://www.tetrapak.com/sustainability/food/food-availability/dairy-hubs