​​

テトラパック、最先端の中規模メーカー向け
アイスクリーム押し出し成形ラインを発売

 

スイス、ローザンヌ(2017年9月18日) –食品の加工処理機器及び紙容器の充填包装システムの世界的なリーディング・カンパニーであるテトラパック・グループ(本社:スイス、社長兼CEO:デニス・ヨンソン、以下テトラパック)は、高品質なアイスクリーム製品の製造と生産能力を保証する、中規模のアイスクリーム・メーカー向けアイスクリーム押し出し成形ラインを発売しました。

 Horizontal cutter 2017.jpg

水平カッター2017

 

Medium Capacity Extrusion Line Beauty hires(1).jpg

中規模のアイスクリーム押し出し成形ラインビューテイー・ハイアーズ

 

 

本ラインには、押し出しアイスクリームを切断する、業界初となる自立制御機能付き水平カッターが搭載されています。この特許技術は、ラインの速度に関係なく切断速度が一定に保たれ、生産量が少ないラインでも精度や均一性を保証します。
アイスクリーム・メーカーは、カッターの速度や動作をプログラミングすることで、高品質を維持しながらも、同じラインでスティック、サンドウィッチ、コーン、ウエハース・カップ、キャンディ・バーやケーキなどのあらゆる製品用の設定に切り替えることができます。生産量を1時間当たり5,000個から18,000個までの生産能力に調整できるため、中規模のメーカーは効率性を維持しながらも、必要に応じた生産量に増減できるようになります。
 
テトラパック プロダクト・マネージャー エルセベス・バウンガードは、次のように述べています。「世界的なアイスクリーム市場での競争激化により、中規模のアイスクリーム・メーカーはますます大きなプレッシャーにさらされています。これらのメーカーは今後、高い品質水準や低い生産コストを維持しながら、低生産量の製品種類を増やし、消費者のニーズに迅速に対応していく必要があります。この度のアイスクリーム押し出し成形ラインは、まさにそうした要件を満たすために設計されました。今回、新たにこの中規模のラインを導入されるお客様は、デンマークにある弊社の製品開発センターを利用することができます。同センターでは、試作品の開発実験を行ったり、食品技術エキスパートの助言を受けたり、研修に参加することが可能です。また、問題発生時にライン稼働停止時間を最小限に抑えられるよう、24時間365日体制のテクニカル・サポートも受けられます」。

* 本プレスリリースは、スイスのローザンヌにて2017年9月18日(月)(現地時間)に発表されたプレスリリースの抄訳です。