​​​​

日本テトラパック 新容器 

テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフの販売開始

~UCC上島珈琲と伊藤園が採用~​


食品加工処理機器及び紙容器の充填包装システムの大手サプライヤーである日本テトラパック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ヘンリック・ハウゴー、以下、日本テトラパック)は、同社の「屋根型」連続無菌充填紙容器であるテトラ・ジェミーナ・アセプティックシリーズのテトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフを日本市場に初めて導入しました。

テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフは、「開けやすく」「注ぎやすく」「衛生面に優れた」1000mlサイズの大型容器です。従来のテトラ・ジェミーナ・アセプティック容器の4つの辺を「木の葉(リーフ)」の形にそぎ落とした形状にすることで、売り場でも目立ちやすい視認性の高いデザインと消費者にとって持ちやすい容器形状を実現しています。また、高齢者や女性でも開けやすい仕様となっており、開口部が広く傾斜のついたデザインによる注ぎやすく液切れの良い衛生的なキャップが特徴です。

この度、テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフは、UCC上島珈琲株式会社の「UCC BLACK無糖」「業務用製品」他(いずれも1000ml)と、株式会社伊藤園の「1日分の野菜」「理想のトマト」「毎日1杯の青汁」(いずれも1000ml)に採用されました。​

テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフの特徴は以下の通りです。

  • 開けやすく、閉めやすいスクリューキャップ付き
  • 注ぎやすく、持ちやすい容器形状
  • 液切れがよく衛生的
  • 近代的で視認性の高いリーフのデザイン
  • アセプティック充填(無菌充填)のため、常温での流通や長期保存が可能
鍜治葉子 日本テトラパック執行役員マーケティングディレクターは、この度のテトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフの初採用に際し、以下のように述べています。「キャップ付き容器の需要が伸びているこのタイミングで、テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフが日本市場に初めて導入されたことを大変うれしく思っています。当社は消費者の皆様とお客様の多様なニーズに応えるため、今後も機能性、利便性の高い商品を提供していくとともに、お客様の商品の差別化および付加価値のさらなる向上をサポートしてまいります。」

テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフについて​

テトラ・ジェミーナ・アセプティック(TGA)ファミリーに、新しい形状のテトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフが加わりました。テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフは、「開けやすく」、「注ぎやすく」、「衛生面に優れた」1000mlサイズの大型容器です。2012年にロシアで発売が開始され、今年初めて日本に導入されました。従来のTGA容器の4つの辺を「木の葉(リーフ)」の形にそぎ落とした形状にすることで、売り場でも目立ちやすい視認性の高いデザインとなっています。

テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフの充填システムはテトラパックA3/Flex(エースリー・フレックス)。このシステムでは、TGAファミリーの他の形状(スクエア、クリスタル)に切り替えることもできるため、生産面での柔軟性があります。​

image2.jpg