テトラパック・インデックス 2017

影響力のある情報に通じた消費者が、購買行動をどのように変えているかをご覧ください。

​​​テトラパック・インデックス第 10 号

テトラパック・インデックス第 10 号が 9 月 6 日に、ジェネラルアッセンブリー社とのパートナーシップのもと発行します。

今年はデジタルおよびオンラインの消費者の世界を取り上げ、彼らがどのように信憑性および関連性の高いコンテンツ、意見、推奨事項を探しながら、食品や飲料のブランドに接しているかに焦点を当てます。

 

情報に通じた消費者

今日「情報に通じた消費者」がブランドの受け止め方に変革をもたらしており、文化や商業面で大きな影響を及ぼしています。 彼らの内、87% はブランドとの意味深いインタラクションを求めていますが、ブランドがそれを実現していると感じているのはわずか 17% です。
彼らはあらゆる世代を網羅しており、各種の情報や本物のコンテンツを探し出すために技術を駆使して、いつでもどこでもあらゆるプラットフォームやスクリーンで消費、評価、共有を行っています。

これは乳業界および飲料業界において、何を意味するのでしょうか?

従来のメディアやブランド プラットフォームからでは、これらの消費者に接触するのは困難です。 このレポートでは、意欲的で影響力の大きいこれらの対象者をどのように理解し、耳を傾け、引き付け、そして彼らを取り込めるかについて検討しています。 消費者にとって、健康や福祉に必要と思われる事項も柔軟性が増す中、カテゴリーごとの境界線があいまいになってきています。

情報に通じた消費者ほど、あらゆる接点とデバイスにおいて、本物志向で一貫したエクスペリエンスを期待するようになります。 これをうまく行っている消費者に話を聞き、その理由について尋ねています。

レポートの背後にある調査

レポートの内容は、7 万人の消費者を抱える 57 の市場を対象した調査に基づいています。また、情報に通じた消費者の一般的な 1 日のショッピング動向を徹底的に研究し、彼らが好感を持ったブランド キャンペーンやさらに期待する事柄とその理由などについても掘り下げました。

テトラパック・インデックス レポートでは、それらの消費者の固有の特性について説明し、主要なインフルエンサーである情報に通じた消費者のなかでも影響力の大きいセグメントを紹介します。さらに、彼らがどのように情報に接するか、また彼らが購入時にどのようにオンラインからオフラインにシームレスに移動するか、そしてブランドから何を期待しているのか、さらにはお客様がどのようにビジネスや思考をこれらに適応させ、成功をもたらすべきかについて取り上げます。

マーケティング担当バイス プレジデントのリビ―・コスティンが、6 月 7 日にレポートの発見事項の最初の部分を グローバル デイリー コングレス 2017 で発表しました。