Tetra Pak® E3/Flex

運転の柔軟性に基づく設計

  • eBeam 滅菌技術を備えた、初めての大型容器向けチルド充填機
  • 新しい Tetra Brik® 900 Ultra Edge (テトラ・ブリック 900ml ウルトラ エッジ) 容器を生産
  • ライトキャップTM 30 プリ ラミネート ホール (PLH) を毎時 6000 個の機械能力で成型する DIMC モジュールを装備
  • 品質保持期間が長い製品の生産に好適

機能

過酸化水素不使用の装置

eBeam 技術を使用して包材を消毒

  • Tetra Pak® E3/Flex は、包材滅菌を必要としないチルド製品用の充填機です。 機械を殺菌するため、極く少量の過酸化水素を必要とします。
  • Tetra Pak® E3/Flex 充填機は、品質保持期間が長い製品の生産に適しており、1 つの eBeam ランプを使用して包材の内面を消毒します。
DIMC 用の新しいサーボ ツールボックス

制御された成形動作

Tetra Pak® E3 の直接射出成形型コンセプト (Direct Injection Moulding Concept、DIMC) ステーションの動力系が空気圧シリンダーからモーター駆動式のツール ボックスに変わりました。 このサーボ ツールボックスは、成形位置と成形閉鎖トルクに関して制御された動作を保証します。

ウェブポジションアクティブ制御

シーリングの質の向上とダストの減少

この新たな機能により、充填機の機能における 2 つの重要な側面が改善されます:

  • 位置の動的補正によりウェブ位置の精度が改善されるため、シーリングの質を向上
  • 装置が包材の縁と接触しないため、ダストを減少
チューブ ポジション アクティブ制御

包材位置の自動調整

この新しい機能は、遷移フェーズ中に包材の回転を読み取り、容器の折り目の位置合わせを補正します。 これにより、ウェブ ポジション アクティブ制御による自動調整が可能となります。

新しいオペレーター インターフェース

幅広いスクリーン

オペレーター パネルはルック アンド フィールが新しくなり、16:9 のワイド画面に対応しました。 より直観的なアイコンと追加機能で使いやすくなりました。 さまざまな操作に必要な時間も短縮されました。

パッケージ タイプ