Tetra Pak® TR/G7

投資を抑え、高い性能と低い操業コストを実現。

  • 複雑さを抑えた充填機で、信頼性の高い生産を実現 (95% MME)
  • Tetra Pak® TR/G7 は Tetra Pak の高品質を維持
  • 他の Tetra Pak 屋根型紙容器向け装置と比べて、初期投資を約 50% 抑えることが可能

Tetra Pak® TR/G7 は大量生産向き

新しい Tetra Pak® TR/G7 は、低コストで操作が簡単な優れたパフォーマンスを提供するチルド流通用の充填機です。

Tetra Pak TR/G7 は、屋根型紙容器 6500 個/時の生産能力を誇り、市場の他の類似機器と比べて環境面で大幅なメリットがあります。たとえば、電力消費が 3 分の 1 になります。

詳細についてはビデオをご覧ください

機能

水平なテーブルのマガジン

生産性を高め、負傷を防ぎます

ブランクスは適切な高さのマガジンに装填されるので、オペレーターが重量物を頭上まで持ち上げる必要はありません。これが素早く容易な装填を可能にし、従って生産性を向上させます。同時にオペレーターの腰痛などの背部損傷を防ぎます。マガジン容量:1,400パック。生産時間:13分。

容器成形

容易に調整、維持

容器は一段階で成形されます。この成形機構を開発した時の目標は、技術者が取扱い易い単純で経済的な設計でした。この単純さと作動部品の削減が、メインテナンスの必要性を削減し、全体的に信頼性を向上させました。

ボトム折り込みとボトム シール

漏れ防止、食品の安全性の強化

ヒーターとマンドレル トップは温度制御されており、冷却時間を延長することで (ボトム シールを冷却するのに十分な時間)、ボトム シーリングの信頼性を高めることができます。 これにより、漏れのリスクを低減して、製品の安全性を強化できます。

容器移動

容器の完全性を維持

ボトムシールが完成すると、容器はマンドレルから容器チェーンに移動します。これは、容器が損傷しないように丁寧に行われます。

トップ プリ-フォールディング

折り込み精度の向上

次の生産ステップ(容器殺菌)に入る前に容器のトップは前もって折り込まれます。この予備折り込みは、最終段階でのトップの折り込みとシールでの失敗を防ぎます。

容器殺菌

一貫した殺菌を確保

加熱蒸気の状態の3.0% の過酸化水素水 (H2O2) が、カートン内面に塗布されます。ノズルが容器内部の深くまで届き、十分な広がりを確保します。過酸化水素は次に3ステーションのUVライトの下を通過し活性化されます。最後に熱風がH2O2の残留を検出できないレベルまで除去します。その結果信頼できる一貫した殺菌が得られます。

充填システム

精度向上とコスト低減

ダブル ダイアフラム システムで、正確で、一貫性のある充填が可能になります。充填精度は 1000ml で ±1g です。(実標準偏差は 0.5g) これは、補償過充填の必要性を削減し、その結果コスト抑制に役立ちます。

トップ シーリング

密封された高性能

機械的に駆動されるステンレス製トップ シーラーは、一貫した性能のために設計されました。 シール圧力と温度は常に一定で、強く、信頼できる、漏れないシールを保証します。

キャップ・アプリケーター

製品保護の強化

オプションで充填機に搭載されたキャップ・アプリケーターは、TwistCap™ OSO 34 および TwistCap™ OSO 30 に使用します。 キャップは超音波 (US) 加熱によって装着されるため、高速でしっかりと、正確な位置に取り付けられ、容器に再封性を与えます。

パッケージ タイプ

Tetra Rex® ベース

250 ml 300 ml 375 ml 473 ml 500 ml 600 ml 750 ml 1000 ml

ビデオ