パートナーシップによる消費者の行動の変革、スイス

成功を収めるリサイクル パートナーシップ

課題: スイスでは、消費者 10 人中 9 人が飲料用紙容器をリサイクルしたいと思っていますが、リサイクルのインフラが整備されておらず、リサイクルを実現できていません。 法的枠組みを提供する法律はなく、同国の使用済み飲料用紙容器は最終的に焼却されていました。 そのため、スイスで飲料用紙容器のリサイクルを推進するには、バリューチェーン全体にわたる自発的なイニシアチブが鍵になります。

イニシアチブ: 当社は GKR (スイスの飲料用紙容器組合) への参加を通して、飲料用紙容器とプラスチック容器の回収、分別、リサイクルを試行するために GKR、スーパーマーケットの ALDI SUISSE、分別業者の Müller Recycling、および厚紙・段ボールパッケージ製造業者の Model AG の間のパートナーシップを促進するという点で重要な役割を果たしました。 当初、この取り組みは 90 を超える自治体でのパイロット・プロジェクトとして開始されました。 2015 年に ALDI SUISSE が参加し、消費者からの度重なる要望と同社独自の環境目標に従って、飲料用紙容器とその他のプラスチックをまとめて回収するリサイクル・ボックスを店内に設置する構想を掲げました。 同時に、Müller Recycling が飲料用紙容器とプラスチック容器を同じ流れから分別できる同国初のハイテク工場を稼働させ、Model が 3,500 万 CHF 以上を投資して新しい先駆的なリサイクル施設をスイスに建設しました。 現在では複合リサイクルが可能となり、ALDI SUISSE は混合回収拠点を提供する初めての小売業パートナーとなりました。

価値: 2017 年末までに、ALDI SUISSE は 180 か所以上の回収拠点をスイス全国の店舗内に設置します。 ソーシャル・メディアを利用した店舗利用者からのフィードバックは非常に好評であり、わずか 8 か月で各回収拠点を中心とするリサイクル率は 60% に達しました。

今後の展望: スイスで初めて、消費者は飲料用紙パックを確実に分別およびリサイクルできるようになりました。 これにより、フットボール競技場 11,000 個分に相当する森林を保存できる可能性があるため、パートナーシップの面々はさらにリサイクル・インフラを改善し、新しい市場機会を刺激しようとしています。 このプログラムの成功がさらなる投資を呼び込んで他の工場や小売業者に拡大し、スイス全体およびその他の国々の自治体や小売業者を触発するモデルとなることが期待されます。

リサイクルに関する詳細について