地域社会

人々を守る。それには当然、地域社会も含まれます。 当社のより広範で具体的なアプローチに沿って、 地域レベルで最大の改善を生み出すことができる分野に力を注ぎます。 これは、子供たちの栄養摂取、持続可能な生活様式、若者の雇用、および持続可能性に対する消費者の関与を支援するために当社の人材や財務資源を投入することを意味します。

子供の栄養

子供の栄養

当社は、パートナーが学校給食プログラムを実施・評価する際に実用的なサポートを提供し、食品の安全性、品質、および子供たちに栄養価の高い強化飲料を与えることの重要性について助言を与えています。 さらに、紙容器の再利用や学校内でのリサイクルについてもアドバイスしています。

食品の入手可能性の詳細をご覧ください

持続可能な生活様式

持続可能な生活様式

当社が確立したデイリー・ハブ・モデルは、小自作農家の生産能力を拡張することで持続可能なバリューチェーンの創出に貢献しています。 当社はまた、世界自然保護基金 (WWF) との協力の下、現地の森林所有者の組合を設立し、小自作農家の能力を向上させて持続可能な高収益事業を生み出しています。 2016 年には、Fair Wood Program という新しいプロジェクトをサポートし、小規模森林農家やコミュニティの森林管理を支援しました。

乳業の発展の詳細をご覧ください

若者の雇用

若者の雇用

当社の未来の人材育成プログラムは、次世代を担う若者に雇用に必要なスキルを習得する機会を与えます。 このプログラムはオンザジョブ・トレーニングと幅広い能力開発を組み合わせたものであり、最終的にすべての参加者がテトラパックに採用されます。 当社はこのアプローチを将来の商業的成功のためにきわめて重要であると考えています。

未来の人材の詳細をご覧ください

消費者への関与

消費者への関与

消費者が見識ある判断で商品を選べるように情報を提供し、使用済みの紙容器をリサイクルすれば、大規模に資源の効率化を図ることができます。 そのためには、お客様や消費者団体と密接に協力しなければなりません。

リサイクルの詳細

寄付と緊急救援

寄付と緊急救援

当社はさまざまな支援の要請に応えます。 たとえば、2016 年には、お客様と協力して米国のハリケーン・ハーベイの被害を受けた地域に UHT (Ultra High Temperature: 超高温殺菌) 牛乳を届けました。また、ケニヤのリサイクル・パートナーがキベラ (ナイロビの最大のスラム街) に初めての情報通信技術センターを設立する事業を支援しました。

地域社会との連携の詳細について: