地域社会

人々を守る。それには当然、地域社会も含まれます。 テトラパックは重要性のアプローチの範囲を広げ、それぞれの地域で最も改善しなければならない問題に注目しています。 子供たちの栄養摂取、持続可能な生活様式、若者の雇用、および持続可能性に対応した消費者の取り組みと言ったさまざまな問題がありますが、テトラパックでは自社の人材や資金を提供し、地域の改善を支援しています。

子供の栄養

子供の栄養

テトラパックは、パートナーが学校給食プログラムを実施・評価する際に実用的なサポートを提供し、食品の安全性、品質、および子供たちへの栄養価の高い強化飲料の提供の重要性を説明し、 紙容器の再利用や学校内でのリサイクルについてもアドバイスしています。

食品の入手可能性の詳細をご覧ください

デイリーハブ、牛を飼う農家

持続可能な生活様式

テトラパックのデイリーハブモデルは、小規模な自作農家の生産能力を向上させることで持続可能なバリューチェーンの創出に貢献しています。

乳業の発展の詳細をご覧ください

若者の雇用

若者の雇用

テトラパックの未来の人材育成プログラムは、次世代を担う若者に雇用に必要なスキルを習得する有意義な機会を提供します。 2018 年には、世界中で 180 人の学部生・院生がさらに参加し、合計 350 人になりました。テトラパックの未来の人材育成プログラムはオンザジョブトレーニングと幅広い能力開発が組み合わされ、プログラムを終了するとすべての参加者がテトラパックに採用されます。

未来の人材の詳細をご覧ください

消費者との結びつき

消費者との結びつき

テトラパックは、最終の消費者が見識ある判断で商品を選び、容器をリサイクルすることを支援します。 お客様や消費者団体と密接に協力することで、新しい製品へのリサイクル容器の使用を通じた社会経済上の価値の創出などにより、変化を大きなうねりにすることができます。

リサイクルの詳細

寄付と緊急救援

寄付と緊急救援

テトラパックはさまざまな支援の要請に応えます。 たとえば、2017 年には、お客様と協力して米国でハリケーン(ハーベイ)の被害を受けた地域に UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)牛乳を届けました。また、ケニヤのリサイクルパートナーがキベラ(ナイロビの最大のスラム街)に情報通信技術センターを新設立する事業を支援しました。

​​​​​​​

地域社会との連携の詳細: