多様性と受容性

テトラパックの革新・成長する能力は従業員の多様な考え方や創造性に根差していると当社は考えています。 新鮮なアイデアは、受容性や平等性を推進する職場文化から生まれます。

バランスのとれた男女構成

バランスのとれた男女構成

バランスのとれた男女構成は個人と会社の双方に有益です。 多様性を取り巻く状況は変わりつつありますが、一部の業界は依然として、女性を惹きつけて確保することに苦労しています。 同じセクターに属する他の多くの企業と同様に、当社も職場でバランスのとれた男女構成を達成するための課題に直面しています。 そのため、積極的に女性を雇用するアプローチをとり、性別多様性の増加を目指して能力開発の機会を提供しています。 2016 年末の時点では、従業員の 22% (中間管理職の 24%) が女性でした。

リーダーシップをとる女性

リーダーシップをとる女性

当社は、将来のリーダーとして登用する女性の数を増やすことに関して客観的で、透明性を維持し、積極的な姿勢を取っています。 これは人材審査プロセスに組み込まれており、このプロセスは何よりも能力と可能性に基づいています。 2017 年、当社は女性がリーダーの地位を得ることに影響を与える文化的要因を理解し、アクション・プランを作成するため、全社から選ばれた 15 名の男女から成る性別審議会を設立しました。 この審議会の具体的な目標は、性別多様性の増加の鍵となるニーズを定義すること、現行の人材プロセスとその性別への焦点の当て方を審査し批評すること、ベスト・プラクティスを導入すること、女性を妨げる障壁についてグローバル・リーダーシップ・チームに情報を提供すること、そしてテトラパック全体の女性を代表する周知された大使となることです。

詳細について