食品。 人々。 未来。

持続可能性に向けたテトラパックのアプローチは、当社ブランドの約束によって形成されています。 PROTECTS WHAT’S GOOD™ (大切なものを包んでいます)。 テトラパックは食品を守り、人々を守り、未来を守ることに力を尽くすことで、この約束を実現していきます。

​​

食品、人々、未来の解説画像

当社の持続可能性アプローチ

安全で信頼できる持続可能な製品を、責任ある方法でお客様や消費者の皆様にお届けしていくには、市場で生まれる新たな期待に応えるための新しい方法を継続的に探し求めていく必要があります。 これはお客様の多様なニーズを理解すると同時に、増加する人口に対応していくための持続可能な方法を見つけるということです。 また、当社の業務、市場、およびサプライチェーンの中の人々や地域を支援し、製品のライフサイクル全体および当社の事業自体で環境イノベーションを推進して、より少ない資源でより多くを成し遂げるということでもあります。

会話する従業員たち

バリューチェーン全体にわたる取り組み

企業および社会が直面する、持続可能性に関する課題の多くは、相互に関連しています。 「食品。 人々。 未来。」これらは当社の持続可能性を語る上での主要要素であり、優先事項を整理して伝えるために役立っていますが、テトラパックではお客様、自社の事業、そして事業活動を行う地域に対しての利益を最大化するソリューションを開発するため、統合された方法で思考し業務を行っています。 

また、食糧システムのさまざまな部分を包含しそれらを結びつける結合ソリューションの必要性も認識しており、さらに当社の責任が自社の事業やお客様との取引を超えた領域にまで及ぶことも理解しています。 当社の持続可能性へのアプローチがバリューチェーン全体を対象としているのはそのためです。 また、当社が国連の持続可能な開発目標 (SDGs) のようなグローバルなイニシアチブと足並みを揃えている理由もそこにあります。 企業は自社のビジネス モデルおよび戦略的優先事項と最も合致する目標に対して、最も大きな影響を与えることができます。そのためテトラパックでは、このレポートで説明する 9 つの目標を設定しました。

食品を守る

食品に焦点を合わせた解説画像 (SDG アイコン付き)

当社のお客様やパートナーと協力しながら、市場をリードする革新的な食品加工処理および紙容器充填包装ソリューションを通して、食の安全を支えるとともに、世界中どこでも人々が安心して食品を入手できるよう取り組んでいます。 テトラパックではこのアプローチを通して、SDG 2 および 12 に直接貢献しています。

SDG 2

当社の食品加工処理および紙容器充填包装ソリューションは、食品および飲料を冷蔵や保存料なしで流通させ保管することを可能にします。 テトラパックの Food for Development イニシアチブは、全世界の乳製品および食品バリューチェーンの発展を促しています。 学校給食プログラムは健康を向上させ、発育を促進します。 当社の Deeper in the Pyramid サービスは、低所得者が健康的な食品を入手できるようにするためのイニシアチブです。

SDG 12

当社では再生可能な資源による原材料を使用するよう努めており、長期的な目標はすべてのパッケージを 100% 再生可能な資源から製造することです。 アセプティック技術およびパッケージングは、食品ロスの削減に役立っています。

最も重要な側面: 食品の入手可能性、お客様の健康と安全、食品の廃棄

食品を守るための当社の努力の詳細をご覧ください

人々を守る

従業員に焦点を合わせた解説画像

人々を守り、人々に可能性を与え、当社が事業活動を展開する地域を支えます。 テトラパックではこのアプローチを通して、SDG 8 に直接貢献しています。

SDG 8

当社では多様性に富む従業員を採用しており、誰も害を被ることがないように努めています。 当社の企業行動規範には、人権と労働、環境と腐敗防止に関する必須要件が規定されており、適用法に従って、サプライヤー独自の持続可能性イニシアチブを奨励しています。

最も重要な側面: 労働安全衛生。

人々を守るための当社の努力の詳細をご覧ください

未来を守る

未来に焦点を合わせた解説画像

地球の持続可能な未来を支え、お客様の長期的なビジネスの成功を支援します。 テトラパックではこのアプローチを通して、SDGの 6、7、9、12、13、15、17 に直接貢献しています。

SDG 6

当社では業務による水使用量を最小限に抑えるとともに、当社が開発および販売しお客様の施設で運用される装置の水消費量を低減させることを目指しています。 テトラパックの環境ベンチマーク・サービスは、お客様が効率性を高め、お客様の水消費量を減らすことを支援しています。

SDG 7

当社では再生可能エネルギーに投資し、当社の事業における再生可能電力の使用量を増やしています。 テトラパックは RE100 および Business Renewables Center に加盟しており、2030 年までに使用電力の 100% を再生可能なエネルギー源から調達できるようにすることを目指しています。

SDG 9

当社では製品やソリューションの環境プロファイルを改善し、バリューチェーン全体で持続可能な慣行を採用するように努力しています。 当社の装置は優れた性能を発揮するとともに、エネルギーと水の消費量を最小限に抑えるように設計されています。

SDG 12

テトラパックでは再生可能な資源による原材料を使用するよう努めており、100% 再生可能な資源から作られた容器の実現を目指しています。 当社の無菌充填包装は、食品の廃棄量の削減に役立ちます。 当社ではバリューチェーン全体で責任感ある慣行を採用しており、それについての報告も 1999 年から実施しています。

SDG 13

テトラパックではバリューチェーン全体で気候への影響を最小限に抑えるよう努めており、2020 年までにはこれを業務の拡大に関わらず 2010 年のレベルに抑えるという目標を設定しています。 当社は気候への影響の抑制に役立つ製品やソリューションを開発しています。

SDG 15

テトラパックは森林が適正な手法で管理されるように、サプライヤーその他のパートナーと密接に協力しています。 当社の最低要件は法規制のレベルを超えており、サプライヤーにもその順守を求めています。 テトラパックでは信頼性の高い認証システムを使用して森林管理を改善しています。

SDG 17

当社ではバリューチェーン全体の関係者とあらゆるレベルで積極的に連携して、共通のソリューションを生み出し、共有できる価値を創り出しています。

最も重要な側面: サプライヤーの環境評価、サプライヤーの水使用量、パッケージング デザインと資源の使用、パッケージングの再生可能性、使用エネルギーと温室効果ガス排出量、機械や装置、廃棄物の生成、水使用量、パッケージングのリサイクル、パッケージングの気候への影響。

未来を守るための当社の努力の詳細をご覧ください

持続可能性に関する詳細