砂糖の溶解

砂糖を水に混ぜると溶解し、結晶が液体に変わります。

砂糖の溶解

砂糖は、世界で人気のある多くの食べ物や飲み物の主な材料となっており、大量に手動で追加して溶解することも、連続システムによって自動で溶解することもできます。

このプロセスにはかなりのエネルギーが必要となります。 その理由は、水に砂糖を加えると、温度が下がるからです。 テトラパックの装置は、正確な量の砂糖が水に溶解するよう適切な温度を維持するために、高度に制御された方法で砂糖を連続して添加します。 これによって過剰な添加や希釈を防ぎ、エネルギー消費量を最小限に抑えます。 実際、当社の機器で砂糖を目標どおり正確に溶解することにより、製品とエネルギーの浪費を避けることができます。

装置

テトラ・アルブリックス

Tetra Albrix®(テトラ・アルブリックス)

テトラ・アルブリックス®の最新のラインナップでは、砂糖の溶解において末永く通用するような高い効率を実現しています。

*テトラ・アルブリックス

食品製造をサポートいたします。 砂糖の溶解のことなら、テトラパックにお問い合わせください。