植物由来の食品・飲料

大豆にはタンパク質、炭水化物、脂肪だけでなく、さまざまなビタミンやミネラルが含まれているため、完全食品と考えられています。 タンパク質含有率は動物性タンパク質に匹敵します。 牛乳からチーズが作れるように、豆乳のタンパク質を凝固させて豆腐を作ることができます。

大豆には飽和脂肪酸が少なく、コレステロールが含まれていません。 大豆製品は乳糖フリーのため、乳糖不耐性の人に適しています。

大豆ベースの食品は、豆乳、豆乳飲料、豆乳ヨーグルト、豆腐、味噌、テンペ、醤油などバラエティーに富んでいます。 大豆製品は世界中で使用されています。

米、アーモンド、穀物、オート、種などをベースにした飲料も大豆製品と同様に、乳製品および牛乳に代わる乳糖フリーの健康的な代替品です。

大豆製品に関するハンドブック

大豆ハンドブックの大豆製品のすべてをご覧ください。 このハンドブックには、大豆に関する広範囲で全般的な半技術的な情報が記載されています。 大豆の品質、加工処理、容器包装、さらには大豆の健康および栄養面でのメリットを説明します。

リッチで甘い植物由来のフローズンデザート

植物由来のフローズンデザートは、メーカーにとってエキサイティングな成長のチャンスを提供する人気の市場です。 原料処理におけるスマートな加工処理技術とイノベーションにより、植物由来の様々なアイスクリームが、風味、食感、口当たりで従来の乳製品アイスクリームに匹敵するようになりました。

植物由来の食品・飲料に関する記事

食品の専門家

飲料を後押し: オーツ麦飲料を実現するための仲間をご紹介します

オーツ麦由来の飲料の製品化には、食品科学者、技術者、戦略家、エンジニアなど、献身的な専門家チームが必要です。

サムネイルのテキスト

オーツ麦飲料製造で使用するエネルギーおよび水、廃棄物を削減する方法

テトラパックは、オーツ麦由来の飲料メーカーが事業における持続可能性(エネルギーと水の消費量の削減、廃棄物の削減)をどう改善できるかについて、専門家のインサイトを共有します。

1 杯のオーツミルク

人気上昇中のオーツ麦飲料 その理由とは

最近、オーツ麦由来の飲料をどこでも見かけるようになりました。もしかすると、今朝のあなたのコーヒーにも入っていたかも知れませんね。 オーツ麦飲料の人気はまだ始まったばかりです。

オーツ麦飲料の紙容器

既存の飲料生産をオーツ麦飲料に切り替える方法

液体食品のメーカーは、オーツ麦由来飲料の生産へ参入する前に、新しいラインへの転換や投資のメリットとデメリットを検討する必要があります。

グラノーラ、ストロベリー、キウイ、チェリーをトッピングした植物由来のヨーグルトタイプの製品が入った 3 つのグラス

植物由来のヨーグルトタイプの製品

植物由来の製品が急成長しています。 これらの製品は消費者に人気がありますが、完璧に作るのが難しい製品です。 テトラパックのホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご確認ください。

ナッツ、穀物、植物由来飲料

フィルトレーションソリューションの優先課題: イノベーション、最適化、持続可能性

メンブレンフィルトレーションの分野では、ミルクや植物由来製品に関する新しいソリューションが常に形作られています。

ディップ用スプレッドとソース

3 つの世界的な食品メガトレンド、そこから食品メーカーが利益を生み出す方法

クリーンラベル付きの健康的で持続可能な食品は、今日の消費者の間で関心の高いトレンドです。 これはドレッシングやスプレッドのメーカーにどのような影響を与えるでしょうか。

ドレッシングをかけたシーザーサラダ

クリーンラベル製品の製造ガイド

消費者は、持続可能性の高い製造方法で作られた添加物の少ない食品をますます求めるようになっています。 ここでは、クリーンラベルのトレンドを取り入れる方法について説明します。

テトラ・ブリックアセプティック紙容器に充填された Kaslink 社の飲料

テトラパックと連携し一歩先を行く Kaslink 社

フィンランドの新興企業である Kaslink 社は、革新的な新製品の開発に熱心で、リスクを恐れない企業です。 トレンドの 1 つ、オーツ麦由来の非乳製品