バッファー

バッファーとは、食品の加工と容器包装との間のボトルネックを回避するプロセスです。

効率を向上させ、製品ロスを最少限に抑えるバッファー装置

バッファータンクはアップストリームとダウンストリームの流れを調整します。製造中の製品は、調整のために一時的に安全な状態で保管され、製品ロスを最小限に制御し効率を向上させます。

テトラパックのバッファー装置(アセプティックバッファーおよびハイジーンバッファーを含む)は、中間貯蔵タンクとバルブクラスターで構成されています。 タンクは、無菌加工や通常加工に応じて使用できる種類があります。 これらのタンクは、高酸度および低酸度の高粘度食品と液体食品(固形物を含む、または固形物を含まない)に使用できます。 品質保持期間を延長する用途も選択できるため、製品の温度を高い精度で制御して最高の品質が保証されます。

装置

アセプティックバッファー用のテトラパック アセプティックタンク

テトラパック® アセプティックタンク - アセプティックバッファー

テトラパック® アセプティックタンクは、液体食品のアセプティックバッファー貯蔵に使用される全自動ユニットです。 タンクユニットには 3 種類のモデルとタンクサイズに加え、各種の攪拌機など多数のオプションがあります。

ハイジーンタンク

ハイジーンタンク

ハイジーンタンクは、殺菌機と充填機の間に設置する中間バッファータンクです。装置間の異なる容量を調整します。

テトラパックはお客様の食品製造をサポートします。 バッファーのことなら、テトラパックにお問い合わせください