使用済み紙容器のリサイクル

当社は、容器を確実に回収、分別、リサイクルして容器の価値を提供し続けるための、積極的かつ先駆的なアプローチを取っています。 リサイクル バリューチェーンが適切に機能することは、ポイ捨てを防止し、資源を節約し、気候への影響を抑えることにもつながります。これらはすべて、当社が共有する持続可能な未来に必要不可欠なものです。 こうして、リサイクルは当社の操業許可を表し、当社のビジネスにおいて不可欠なものでもあります。

リサイクルに対する当社のコミットメント

テトラパックは高品質な原材料を使用してパッケージングを製造し、どこでも安心して食糧を入手できるようにするという使命を果たしています。 当社のパッケージが目的を果たしても、その原材料を無駄にしてはなりません。 代わりに、そのれらを回収した後で、比較的簡単な技術を使用して、便利な物へとリサイクルすることができます。 

当社の包材の約 75% は、複数回のリサイクルが可能な、長く丈夫な紙繊維でできています。 当社の飲料用紙パックにあるポリマー(またはプラスチック)の薄い層は、他のポリマーと混合して、屋根瓦、クレート、段ボール箱などの新しい製品へと転化することができます。 

当社は回収と紙繊維のリサイクルを推進し続けるとともに、パッケージングのポリマーのリサイクルへの取り組みも強化しています。 EU のプラスチック廃棄物削減戦略に対する最近の公約の一環として、当社は 2030 年までに飲料用紙パックのすべての要素に対してリサイクル ソリューションを導入するため、パートナーと共に取り組みます。 

リサイクルは価値ある資源を使い続ける循環型経済に貢献するだけでなく、ポイ捨てを防止し、資源を節約し、気候への影響を抑えることにもつながります。

リサイクルの成功の定義

 2010 年、テトラパックは当社の世界的な容器リサイクル率を 2020 年までに 40% に倍増させる目標を定めました。当社は、このような意欲的な目標を設定し、それに向けて大きく前進している初めてのパッケージング企業です。 2017 年時点の当社の世界的なリサイクル率は 25% でした。1 年あたりのパッケージ リサイクル量は 2010 年の 320 億個から 2017 年には 460 億個まで増加し、約 150 億個増加したことになります。 さらにそれ以上に、当社はイニシアチブを通じて、販売されたテトラパックのパッケージの 10 分の 4 に等しい量のリサイクルに取り組んでいます。 この数値には、当社が生産した容器だけでなく、市場のすべての飲料用紙パックのリサイクルを含みます。これは、当社が策定および支援するすべての収集プログラムやリサイクル プログラムが、テトラパックを含むすべての製造業者から生産された容器を回収することを意図しているためです。 ​

当社はこの目標によって、重点的に取り組むべき方向性を定めることができました。 目標では、テトラパックの内外の両方におけるリサイクルの重要性を高めました。 それにより当社はバリューチェーンを通じてパートナーと連携し、その中でリサイクルへの意識とリサイクル インフラを大幅に改善することができました。 

また、この間に、リサイクルに対する当社のアプローチも進化しました。 当社は、市場のニーズや成熟度合いがそれぞれ異なることを学びました。 全体のリサイクル率という世界的な単一の指針を重視するのではなく、より具体的で地元に関連のある目的に対して取り組む必要があります。 これによって当社は競争力を維持し、お客様や他の関係者のニーズに応え続けることにつながります。 リサイクル率は依然として妥当な基準ですが、今後は全世界におけるリサイクル率が当社の主な目標や最も有意義な評価基準を示すこととはありません。

リサイクル回収箱

世界的な課題に向けた地元のソリューション

リサイクルは、必要な要素がすべて用意され強く結び付けられていることで機能します。 そのため、効率的な回収システムの不足や、パッケージング管理インフラと廃棄物管理インフラによる個別の回収といった弱点や地元のつながりの欠落は問題になります。 当社は市場に関連した幅広い目標を新しく定め、最も大きな影響をもたらす可能性を秘めた活動に力を注ぐため、アプローチを調整することができます。そのため、特定の地域における適切な問題に焦点を定め、適切な方法で解決することができます。 現在、当社は 70 を超える国で地元のリサイクル イニシアチブを推進しています。

テトラパックの新しい一連の目標と関連基準は次の 6 つのカテゴリーに分けられます。 それは、消費者意識、お客様の意識と協力、回収と分別、紙繊維のリサイクル、ポリアルのリサイクル、およびリサイクル済み材料の価値の上昇です。

実践されている当社の目標の例をこちらでご覧ください

リサイクル マップ

リサイクル バリューチェーンの構築

当社はリサイクルへのバリューチェーン アプローチを行っています。 これは、消費者の意識、収集および分別インフラ、リサイクル資源の市場拡大、リサイクル事業者のビジネス・チャンスの増大を含む、あらゆる取り組みを行っていることを意味します。 持続可能なリサイクル バリューチェーンを構築するためには、関係者との協力と連携が不可欠です。 当社は、廃棄物管理会社、リサイクル事業者、地方自治体、業界団体、装置サプライヤーなど、地元および全世界の幅広い関係者と協力関係を結んでいます。

当社によるリサイクル バリューチェーンの構築の詳細をご覧ください

リサイクルに関する詳細について