使用済み紙容器のリサイクル

リサイクルと循環性は、容器包装の絶対条件です。 循環型経済を実現するには、実際にある程度の規模で容器を確実に回収、分別、リサイクルできる持続可能なリサイクルバリューチェーンが必要です。

リサイクルとリサイクル性

リサイクル性と容器包装のポイ捨て防止は容器包装の持続可能性の主な要件で、これから数十年後の紙容器の姿が明らかになりつつあります。 主要な利害関係者とインフルエンサーによって展開されるリサイクル性の定義は、「技術的なリサイクル性」から「実際に大規模に実証されたリサイクル」へと移行しています。

これまでの議論の中心は、回収およびリサイクルシステムの改善と再設計、およびリサイクル率が向上する紙容器設計でした。 2020 年から、テトラパックのすべての開発はリサイクルを念頭に設計されています。 これにより、設計の決定する際にリサイクルのバリューチェーンに与える影響をより意識した、より良い選択ができるようになります。

リサイクルのバリューチェーンが適切に機能していると、ポイ捨てを防止する、資源を節約する、気候変動を抑止する、などの効果があります。 テトラパックは事業全体でリサイクルに確実に取り組むために、2018年に世界中の 50 人以上の専門家で構成されるグローバルサステナビリティ部門で組織された専任チームを立ち上げました。 チームの役割は、テトラパックの最大の資産であるリサイクルバリューチェーンの展開に携わる現場の知識と経験を丹念に積み重ね、法規が制定されていない国での紙容器の回収とリサイクルを拡大することです。

紙容器回収を増加および拡大するためのパートナーシップ

コラボレーションは成功の要です。 持続可能なリサイクルのバリューチェーンを構築するには、関係者との協力が不可欠です。 そのため、テトラパックではパートナーシップに対するオープンな姿勢を心がけています。また、紙容器の回収インフラを拡大するために各国および全世界の関係者やお客様と幅広く協力関係を結び、自社の紙容器を実験材料に加工コストの削減とリサイクル材の価値向上によるリサイクル改善への道を模索しています。

パートナーシップと業界イニシアチブの詳細は、こちらをご覧ください

テトラパックの紙容器

テトラパックは高品質な原材料を使用して容器を製造し、どこでも安心して食品を入手できるようにするという使命を果たしています。 役割を終えた後のテトラパックの紙容器に使用された原材料をゴミとして捨てるべきではありません。 紙容器は、回収して比較的簡単な技術を使用して再度役立てることができます。

テトラパックの包材は、平均して 70% 以上が何回もリサイクルできる長くて丈夫なパルプで作られています。 テトラパックの飲料用紙容器のポリマー(またはプラスチック)の薄い層は、他のポリマーと混合して、屋根瓦、クレート、段ボール箱などの新しい製品に生まれ変わります。

テトラパックは、回収とパルプのリサイクルを推進し続けるとともに、紙容器のポリマーをリサイクルする取り組みも強化しています。 EU のプラスチック廃棄物削減戦略に対するテトラパックの公約の一環として、 2030 年までに自社の飲料用紙容器のすべての成分がリサイクルできるソリューションを導入するため、テトラパックはパートナーと協働していきます。

リサイクルは、価値ある資源を使い続ける低炭素・循環型経済に貢献するだけでなく、 ポイ捨てを防止し、資源を節約し、気候への影響を抑止するうえで役立ちます。

国内の紙容器回収とリサイクル

オーストラリアからアメリカまで世界中の国々の飲料用紙容器をリサイクルする方法の詳細をご覧ください。

テトラパックのストーリー

グリーンルーフプロジェクト、リサイクルをする子どもたち

グリーンルーフプロジェクト

今年で 10 年目となるタイのこのプロジェクトでは、使用済み飲料用紙容器を災害仮設住宅の段ボール屋根シートに再生しています。 プロジェクトは現在、2019 年 7 月から 2022 年 6 月までの第 4 期にあたり、これからも成長と発展を続けていきます。

握手する人々、ロシアでのリサイクルパートナーシップ

ロシアでの新しいリサイクルパートナーシップ

テトラパックは、ロシアの段ボール大手メーカーの L-PAK と協力し、使用済み飲料用紙容器用の最先端のリサイクルラインを新しく立ち上げました

生徒、廃棄物ゼロプロジェクト

トルコの廃棄物ゼロプロジェクト

受賞歴のある教育プログラムにより、トルコの学校では生徒たちがリサイクル、再生可能性、廃棄物の削減を中心に自然保護について学んでいます。

リサイクルに関する詳細情報