Tetra Pak® R1

世界で最もコスト効率に優れたレトルト食品用紙容器製造ライン

  • 高レベルの自動化による低い操業コストにより、手動操作の必要性が低下 (必要人数わずか 1 人)
  • スマートなデザインで安全かつ簡単な操作による優れた製造パフォーマンス
  • 充填可能な幅広い製品

機能

キャリア システム

外部フィラーが使用可能

独自の搬送システムがテトラ・リカルト容器を成型、シール機とフィラーを含むラインに沿って安全に移送します。これは外部フィラーとTetra Pak R1成形シール機とを組み合わせ、充填可能な製品の範囲が広がることを意味します。

多段変速運転

食品カテゴリーの範囲を広げます。

機械速度は、毎時9000、12000、16000、20000 または24000パックに設定できます。食品の処理に要する時間は食品ごとに異なるため、この特性で生産速度をさまざまな食品に合わせることができます。

作動部品は覆われています

低騒音レベル

全ての作動部品は機械内部にあり、ぴったり閉まる扉付き金属ケースに入っています。結果として産業標準より低騒音(71.5 dB)の工場環境が得られます。

自動カートン供給装置(ACL)

オペレーターを解放します

生産開始時の監視に一人のオペレーターが必要ですが、その後は、カートン ローダーからカートンが成型シール機に自動供給されます。これでオペレーターは他の作業につくことができます。

誘導加熱シール

管理された連続シール

アルミ箔が厳格な管理下で加熱され、包材のプラスチックが溶融します。この後容器は、圧力でシールされます。機械は温度と圧力を監視し、不適切な数値が検出されると自動的に停止します。

スチームユニット

製品の品質を保持する

スチームをパッケージに注入することにより、ヘッドスペースに含まれる酸素を最小限に抑えます。酸素に触れることで、食品が変色する場合があります。酸素を最低限に減少させることにより、変色を防止します。

PLMSデータ

管理と分析

パッケージング ライン監視システム (PLMS) は、TETRA RECART®(テトラ・リカルト)充填包装ラインの性能を自動で監視および記録するソフトウェア ツールです。 データは、詳細な製造データを分析する事により、調整作業および継続的な改良に役立てることができます。

オペレーターインターフェース

オペレーターが素早く効率的に作業できます。

この充填機には操作を楽にする特長があります。直感的に理解できるタッチスクリーンインターフェースを備えたテトラパック® オペレーターパネルと、内部の稼働が監視できる大きな窓があります。また、基本的な作動部品にはフロアから簡単に手が届きます。

オプション

窒素ガス注入

窒素ガスの注入で最終シール前のパッケージ内の酸素量を最小化します。これは野菜製品に有益で、たとえば製品の変色を防ぎます。

窒素ガスの注入で最終シール前のパッケージ内の酸素量を最小化します。これは野菜製品に有益で、たとえば製品の変色を防ぎます。

パッケージ タイプ

Tetra Recart® ミディ

340 ml 390 ml 440 ml 500 ml

文書とその他

文書

Tetra Pak R1 line - Tetra Recart (PDF, 968KB)

(pdf, 968 KB)
ダウンロード

Tetra Recart - The 21st Century Alternative for Canned Food (PDF, 1160KB)

(pdf, 1160 KB)
ダウンロード

Tetra Pak R1 の詳細について、当社にお問い合わせ下さい。