硬化

アイスクリームは、約マイナス 18 °C にまで凍らせてからでないと、コーティングやラッピングができません。そのため、製品は硬化トンネルに 20 ~ 30 分間入れておきます。

エネルギー消費が少ない硬化装置

硬化トンネルの中でアイスクリームを急速に冷凍することで、氷の結晶や気泡の混入を抑え、望ましいテクスチャーにすることができます。当社の装置は、効果的な急速冷却が可能なように設計されています。硬化トンネル内にファンが設置された独自の設計により、製品に冷却風が直接当たり、急速な冷却プロセスが実現しています。従来の硬化トンネルでも同じ時間で同じ効果を上げることが可能ですが、当社のプロセスではエネルギーを 20 % 削減できます。

アイスバーや一口サイズのアイスクリームに溶けたチョコレートをコーティングする場合、コーティング直後に冷却を行って急速に温度を下げる必要があります。そのために、当社ではコンベヤと冷却ハウスを用意しています。コンベヤは、生産工場で組み立てて設置する必要があります。また、製品は 1 つのコンベヤから別のコンベヤに移動する際に、簡単にこぼれたり無駄になる可能性があります。当社ではこれを防ぐため、製品を静かに移送する衛生的で柔軟なソリューションを提供し、無駄をなくし可能な限り最高の製品品質を保証します。

テトラパックはお客様のアイスクリームの製造をサポートします。硬化のことなら、テトラパックにお問い合わせください。