砂糖の処理

低品質の砂糖を食品での使用に適したものにするには、軟凝集、浮遊選別、高温活性炭処理プロセスなど、さまざまな砂糖処理方法で精製することができます。

砂糖の処理

砂糖の需要が世界的に増加しているため、精糖の価格も上昇しています。 そのため、低価格の未精製の砂糖をオンサイトで精製する需要が増えています。 未精製の砂糖の純度に応じて、軟凝集、浮遊選別、高温活性炭処理プロセスなど、さまざまな方法で処理することができます。

テトラパックの関連会社である Miteco は、イオン交換という新しい砂糖処理技術の開発を手がけました。 イオン交換を従来の精製プロセスと併用すると、国際砂糖分析法統一委員会(ICUMSA)のレベルでは「精製不能」と見なされていた砂糖を処理できるようになります。

この技術は、個別の食品生産工場に適した規模と価格で利用できるようになっています。 全体的に低価格な新しい原料供給源となり、大規模な生産施設では大幅な節約となります。

2014 年にテトラパックはスイスのミテコ社を買収しました。ミテコ社はソフトドリンク、果汁、液体食品のプロセス ソリューションを提供する大手メーカーです。 調合に関する製品の詳細については、ミテコ社のウェブサイトをご覧ください: www.miteco.com

食品製造をサポートいたします。 砂糖の処理のことなら、テトラパックにお問い合わせください。