最新サステナビリティレポートに掲載された、テトラパックが強調する新しいマイルストーン 
 

·        2021 年、テトラパックは事業に関連する温室効果ガス排出量を 36% 削減しました。
·        同年に販売された植物由来の紙容器とキャップは、それぞれ 176 億個と 108 億個で、これらと化石由来のプラスチックを比較すると 96 キロトンの CO2 が削減されたことになります。
·        段ボールの回収とリサイクル促進で 4,000 万ユーロを投資しました。
·        ブラジルで、業界初となる大地修復プロジェクト Araucaria Conservation Program を開始しました。

スイス、ローザンヌ(2022 年 8 月 23 日): 本日テトラパックは年次サステナビリティレポートを発刊しました。このレポートでは、テトラパックの持続可能性の実績と進捗を中心に、回復力があり持続可能な食品システムの実現を支援するための行動を詳しく説明しています。

持続可能性の課題として、地球への影響を最小限にしながら、食料を世界中に供給するために抜本的な新しいアプローチが必要であることを明言しています。 このアプローチの範疇は、テトラパックの調達、製造、食品加工処理、輸送、包材に使用される材料、さらに食品システムを実現するうえで重要となるコラボレーションの役割まで、多岐にわたります。

テトラパック社長兼 CEO、Adolfo Orive は次のように述べています。 持続可能性は単なる課題ではありません。 最重要課題です。 テトラパックは、私たちが自然と社会に良い影響を最大限に与えることにより、また持続可能性をビジネス運用の原動力と意思決定の基準として心に深く組み込み続けることで、その約束を実行しなければなりません。   

「テトラパックの大きな目標は、業界の持続可能性への移行を牽引していくことです。この点に関し、テトラパックのイニシアチブは過去 12 か月の間継続され、お客様やパートナーと協働し彼らの取り組みを支援しています。 今、持続可能性に対応しなければ、その代償は、明日が保証されないという世界です。 人類の先行きは、より良い未来を目指して成長を止めることなく持続可能性も実現するという考え方を受け入れられるかどうかにかかっています。」

テトラパックのサステナビリティレポート 23 号では、テトラパックの「食品、人々、地球を守る」というイニシアチブの成果と進捗について詳しく説明しています。 掲載されている内容は次のとおりです。

  • 操業による GHG(温室効果ガス)排出量の 36% を削減しました。操業エネルギーの 80% を再生可能エネルギーから調達し、太陽光の容量を5.55MWに倍増。

  • 2022 年初頭に現地 NGO Apremavi と共同で、ブラジルにおける世界初の大地修復イニシアティブを開始しました。2030 年までに最大 7,000 ヘクタールの土地を修復し、生物多様性の回復、二酸化炭素の回収、気候変動の緩和を推進します。

  • 過去 1 年間で植物由来の紙容器とキャップをそれぞれ 176 億個と 108 億個販売しました。これらと化石由来のプラスチックを比較すると 96 キロトンの CO2 が削減されたことになります。

  • 500 億個の紙容器回収とリサイクルのインフラに 4,000 万ユーロを投資し、循環型経済の促進に貢献しました。

  • 学校給食プログラムを通じて、41 か国の 6,100 万人の子供たちにテトラパックの紙容器入りの牛乳や栄養価の高い飲料を供給しました。

  • アセプティック紙容器のアルミ層に代わるポリマー由来のバリアの商用検証を完了しました(問題発生なし)。 常温環境で配布される食品用の紙容器で初となる、新しい繊維由来のバリアのテストを開始しました。

  • 世界有数の牛乳加工メーカー、Savencia Fromage & Dairy の子会社である Elvir 社と提携して、リサイクル ポリマーを使用したキャップを発売する、食品および飲料業界で初のカートン包装業者になっています。

  • 革新的な数社と提携して、廃棄される可能性のある食品から栄養価の高い食用ソース製造を試行しました。同時に代替タンパク質を使用した食品用途を開発。 代替タンパク質は、従来の家畜から得るタンパク質に比べ二酸化炭素排出量が少なく、土地や水の使用に関しても大幅な削減が期待されます。

  • 2030 年までに、ベストプラクティスな加工処理ラインにおける食品廃棄物、水の使用量、二酸化炭素排出量を 50% 削減することを公約しました。

Adolfo は最後に次のように述べています。 「私は、この先に長い道のりがあること、業界に変革が必要なことを認識しています。 より持続可能な明日へと変化を加速するには、集団行動、イノベーションと運用モデル、そして従来とは異なるパートナーシップが必要です。」

ここからレポート全文をご覧ください。

報道関係者向け連絡先

テトラパックへの問い合わせ:
Lucia Freschi
テトラパック
Lucia.freschi@tetrapak.com    

Adolfo

テトラパック社長兼 CEO、Adolfo Orive

女生徒 トレー

食べ物を載せたトレーを持っている生徒