2023 年 1 月 11 日 

リサイクルされた紙容器から誕生した世界初のスポーツシューズ

毎年学年の初めに、エクアドル中のお母さんとお父さんは、長持ちすることを願って新しい学校用の靴を買うために奔走します。今では、ユニフォームシューズの大手サプライヤー Bunky がリサイクルされた飲料用紙容器から製造する、スポーツシューズ EcoBunky を選択することができます。

今から 40 年以上前に設立された Bunky は、エクアドルで初めて学校の制服としての靴を製造したサプライヤーで、1 日あたり 2,800 足以上を生産しています。EcoBunky はこのブランドの循環型未来を示す旗印です。靴底は 15% がポリアルを使用しています。この素材は、ポリマーとアルミニウムの混合物で紙容器の繊維以外の部分を指します。

「様々な靴底の構成をテストしました。ポリアルの 15% 含有は、Bunky が求めていた耐久性、重量、柔軟性を達成するのに最適なレベルでした。」

各ステップの圧力に耐えることができるポリアルは、摩耗に強く熱と湿気に対する耐性により、すべての環境と地形に最適な素材です。

テトラパックのサステナビリティマネージャー、Hedda Naranjo は次のように述べています。「素材を開発していたとき、様々な靴底の構成をテストしました。」 「ポリアル 15% 含有は、Bunky が求めていた耐久性、重量、柔軟性を達成するのに最適なレベルでした。」

持続可能なアイデア誕生

Hedda はまさしく Bunky とテトラパックの協力関係の火付け役です。サステナビリティマネージャーで循環型の推進者である、Hedda はいつもポリアルの新しい用途を探っていました。

「たまたま、新型コロナウィルス感染症の影響で売り上げが落ち込んだため、Bunky のオーナーがブランドに付加価値を付ける新しいアイデアを探していることを知りました。」と Hedda 氏は説明します。「突然、ポリアルを使用した靴底のアイデアが浮かびました。循環型も促進され、消費者も変化を求めています。すぐに「これだ」と感じました。私は Bunky のオーナーにこのアイデアを売り込み、そこが私たちの旅の始まりでした。」

循環型が受け入れられる環境

近年、エクアドルでは循環型が受け入れられています。多くの企業と公共部門が関与するマルチセクターアプローチを採用する循環型経済へのロードマップを含む、連邦政府のイニシアチブと規制がいくつか開始されていました。さらに、消費者の間では、環境に優しく社会的に責任のあるポリアル製品に対する需要が高まっています。

「エクアドルでは、屋根瓦や羽目板などの建材から、パティオの家具、家庭用品、さらにはジュエリーまで、ポリアル製の製品が人気を集めています。」と Hedda は付け加えます。

「実際、私たちのリサイクルパートナーである Ecuaplastic は、需要に追いついていけませんでした。現在の 30% の紙容器回収率では、生産をまかなうことができず、他の国からポリアルを輸入しなければなりませんでした。

Ecuaplastic はエクアドルのポリアルリサイクル業者の最大手です。この業者は 2011 年以来、テトラパックと協力して紙容器のリサイクル能力を拡大し、国内のリサイクルバリューチェーンを促進してきました。現在、Ecuaplastic は毎月 150 トンのポリアルをリサイクルしていますが、目標はこの数値を毎月 400 トンに増やすことです。 

「エクアドルでは、屋根瓦や羽目板などの建材から、パティオの家具、家庭用品、さらにはジュエリーまで、ポリアル製の製品が人気を集めています。」

 

地方に影響を与えるグローバルな知識の統合

EcoBunky の開発は、Ecuaplastic による素材の提供、Tetra Pak によるポリアルのノウハウ、Bunky のフットウェアの専門知識と運営能力が集結した真の共同作業でした。

「ロックダウンの最中でほとんどのコラボレーションはリモートでしたが、私たちは真の共生を達成することができました。」と Hedda は述べています。「また、リソースの使用を最小限に抑える効率的な現地生産プロセスを作成することもできました。」

Bunky のゼネラルマネージャー、Christain Orbe は次のように付け加えます。「現地生産は、草の根のリサイクル業者、繊維メーカー、小規模起業家、流通業者、卸売業者など、バリューチェーン全体の関係者にプラスの影響を与えます。そして今、消費者は自分たちの歩みを環境にとって有益なフットプリントに変えることができます。」

EcoBunky の発売に向けて、5,000 足の靴が生産され、初年度は 100,000 足の予定です。家族の全員が履けるように、様々なスタイルとサイズが用意されています。

Hedda は、自分のアイデアが市販される製品になることを楽しみにしています。「今は消費者がこの製品にどのような反応を示すか楽しみです。そこから、ポリアルの世界が無限に広がっていきます。」

テトラパックの年次サステナビリティレポートで、持続可能性への変革の続きを読む

テトラパックの世界が紡ぐさまざまなストーリー

詳しく見る
テトラパックのサステナビリティレポート 2023 年度版表紙

テトラパックのサステナビリティレポート

テトラパックのサステナビリティレポートは、この業界の持続可能な発展に貢献するために、テトラパックが世界中と熱くコラボレーションする様子を伝えています。

現場でメモ帳を持っている女性

持続可能性の実績データ

テトラパックが、調達、リサイクル、気候、エネルギー、多様性、水など、 2023 年度の主要な指標をどのように実行したか、テトラパックの ESG 実績をご確認ください。