テトラパックの概要

会社概要

テトラパックは世界をリードする食品の加工および容器包装のソリューション企業です。 テトラパックでは、お客様ならびにサプライヤーと緊密に協力することで、安全で革新的、そして環境優位性の高い製品を提供しています。このような製品は、160 を超える国で数億人にも及ぶ人々の毎日のニーズに応えています。 世界各国で 25,000 名を超える従業員を擁するテトラパックは、業界における責任あるリーダーシップおよびビジネスへの持続可能なアプローチを信念として掲げています。弊社のモットーである「PROTECTS WHAT’S GOOD (大切なものを包んでいます)™」という言葉は、食品の安全性を支え、世界のどこにあっても人々が安心して食品を利用できるよう取り組むという弊社のビジョンを反映しています。

テトラパックは 1943 年に設立され、牛乳の容器を作るための開発作業からスタートしました。また、テトラパックの設立者である Ruben Rausing 博士についても紹介します。

製品

テトラパックは食品の加工処理、充填包装、および流通に関するソリューションのスペシャリストです。 テトラパックのソリューションは資源面でできるだけ経済的になるよう設計されています。乳製品飲料アイスクリームチーズ食品、野菜やペットフードなどが、テトラパックの提供する製造ラインで加工、充填できます。テトラパックでは製造プロセスと流通時の双方において、すべての原材料およびエネルギーの消費を最小限に抑えることに尽力しています。 食品加工処理ソリューションはまた、製品を丁寧に取り扱うことも意識しながら設計されています。

テトラパックの製品とソリューションの詳細をご覧ください。

研究開発

テトラパックのお客様は、操業コストを削減しパフォーマンスを高めて競争力を維持するため、より高速で優れた安価な新技術を必要としています。 テトラパックではお客様、消費者、および市場の原動力に応じて、技術や新製品へ投資しています。 世界のさまざまな地域にある 5 か所の研究開発センターでは、数々のプロジェクトが進行しています。

環境の持続可能性

テトラパックは環境的に健全かつ持続可能な方法でビジネスを行うことに注力しています。 テトラパックでは開発、調達、製造、および輸送の活動について、継続的な改善目標を定めています。 このコミットメントの一環として、テトラパックでは長期的な製品寿命全体にわたる視点に立ち、環境パフォーマンスを継続的に改善し、関係者に対してオープンに情報を伝達し、パフォーマンスについて定期的に報告しています。

Food for Development

Food for Development は、世界中のお客様、政府、開発機関、資金提供組織、および NGO と連携して、乳業および食料バリューチェーン全体の開発を支援しています。 強力な官民連携により、テトラパックならびにお客様の市場を成長させると同時に、新興国の発展をサポートし、世界における栄養摂取の機会を増大させています。

テトラパックでは、学校給食プログラムを実施するために各国政府および国際機関と緊密に協力して、生徒たちが安全な食品と教育を受けられるようにすると同時に、地元で製造および加工処理された高品質の牛乳に対する需要も創出しています。Food for Development とテトラパックの学校給食用牛乳プロジェクトについてご紹介します。

組織

テトラパックの事業実績のページでは、テトラパックの組織についてあらゆる情報をご確認いただけます。

主な所在地

Tetra Pak International S.A.
本社
70 Avenue Général-Guisan
Case Postale 446
CH-1009 PULLY/LAUSANNE

電話: +41 21 729 2111
FAX: +41 21 729 2244​