2017-04-24
オランダ

環境に優しいチーズ工場

オランダのチーズ メーカーである、コノ カースメーカースには明確な目標がありました。世界で最も環境に優しい乳業工場を建てることです。 この志を実現するために、同社はテトラパックのような技術サプライヤーと密接に協力しました。

オランダの協同組合 コノ カースメーカースは 100 年以上前に創設されましたが、そのミッションは非常に近代的です。 フェアトレードに則った最高品質の美味しいチーズを製造し、動物の福祉と環境に最新の注意を払い、460 の酪農家に公平な牛乳価格を支払うというものです。 

時代遅れの装置

コノ カースメーカースの既存のチーズ工場では 1980 年代の古い機器が使用されており、2015 年に EU による牛乳の生産制限が撤廃されるのに伴って協同組合傘下の酪農家から牛乳の供給が 15~20% 増える見込みでした。そのため、コノ カースメーカースでは既存の乳業工場に置き換わる、全く新しい乳業工場を建設することにしました。

「1 世紀以上の責任をもって製造する事が当社の遺伝子に刷り込まれていたため、世界で最も環境に優しい乳業工場を建設したいと思いました」と、コノ カースメーカースの CEO であるウィム・べタン氏は言います。 「この志を達成する目的で、持続可能なソリューションを構築するために、サプライヤーと提携関係を結びました。 提携関係は、人と人とのつながりや知識の共有が大事です。提携したサプライヤーと共に、新しい乳業工場の持続可能性を確保するだけでなく、牛からチーズのチェーン全体に環境を重視した価値をもたらしたいと思いました。」

協同組合は新しい乳業工場に 8,000 万ユーロを投資しました。 コノ カースメーカースは、テトラパックを含む 7 つの企業や組織と提携関係を結びました。テトラパックには、新しい工場に完全な食品加工ソリューションを納品し設置する責任が与えられ、これは 2,000 万ユーロを超える受注額となりました。

「テトラパックとは、持続可能性を主眼に、チーズの品質、衛生、食品の安全性、労働環境の安全性も重視した、新しいチーズ工場を設計するために提携しました」とべタン氏は言います。 「新しいチーズ工場によって、私たちは地球温暖化に対して完全にニュートラルとなることを目指します。また環境に適した方法で未来に貢献でき、味わいと持続可能性の分野で引き続き業界のリーダーでいられます。」

世界で最も環境に優しい乳業工場を目指した「環境に優しいチーズ工場」の記事全文をお読みください

事例記事

登録してダウンロードする

フォームに記入してオランダのコノ カースメーカースの記事全文をご覧ください
コノ カースメーカースでのチーズのテスト