2020-07-06
スリランカ

食品の安全性とリサイクルを促進するスリランカの新しい学校給食用牛乳のプログラム

課題

国連の世界食糧計画によると、スリランカで実施した栄養状態の調査で地域間で幅がありますが、14 〜 35% が急性栄養失調であると報告されています。 全国的な栄養調査では 19.6% が衰弱状態にあることが判明しています。現在の 2100 万人の人口からさらに増え続けると予想されるスリランカでは、栄養失調は社会・経済の発展の妨げになる考えられています。

一方、農業省によると、牛乳の自給率は 40% 未満で、 牛 1 頭あたりの生産量は未だに 1 日 2 リットル未満の低い水準ですが、 IFCN 酪農研究ネットワークの調査では、牛乳の生産は年間約 10% 増加し、業界の成長の可能性は高いとされています。 

スリランカのもう 1 つの課題は、地理的に気候変動による災害に見舞われやすいことです。 異常気象と度重なる自然災害を抱える島国で、グローバル気候リスク指数で第 2 位にランクされています。  

イニシアチブ:

スリランカ政府はこれらの課題への対応として 2019 年に学校給食用牛乳のプログラムを立ち上げました。この新しいプログラムは、手始めに 950 校の児童 40 万人を対象に、100% 現地生産の UHT 牛乳を供給しました。 このプログラムは、政府が 100% 出資し担当する管轄官庁は教育省です。 お客様のカーギルズ・セイロンは、テトラ・フィノ® アセプティック容器 150 ml による牛乳の供給を開始しました。全対象校のうちの 400 校 185,000 人の児童に供給されています。

スリランカの女生徒たち

テトラパック南アジアおよびテトララバルの Food for Development のチームは、全世界の学校給食プログラムのベストプラクティスに基づいた技術サポートを提供し、カーギルズと教育省を支援しました。 提供した支援には、お客様と教育省の実行チームに適切な食品の安全性に関するプロトコル、環境教育、リサイクルに関する基本トレーニングがあります。 さらにテトラパックは、使用済み紙容器を学校から回収してリサイクルできる現地のパートナーを探し、リサイクルで連携しています。

価値

プロジェクト対象の 400 校の児童が、使用済み紙容器を確実にリサイクルするワークショップに参加しています。また、環境教育活動を展開する学校も増加しています。 

学校給食用牛乳のプログラムは、牛乳の現地生産を増加し地産地消による栄養の改善を目的としています。 教育省では、身長や体重などの指標で子供の栄養状態を確認したり、出席数の増加と学習成果との関係などを評価しています。

今後の展望

テトラパックは、食品の安全性のプロトコルに関する技術支援サポートとトレーニングを継続して提供し、パートナーと協力して回収およびリサイクルのインフラストラクチャを拡大しています。 長期的な目標は、テトラパックのデイリーハブモデル を通した農家への技術的支援とトレーニングの継続した提供が、牛乳の生産量を増加させることです。