新しい道を切り開く精密なアセプティック定量添加

ラクターゼ、フレーバー、プロバイオティクスなどの高価な成分の場合、熱処理が適用できないことがあります。 そのため、テトラパックのアセプティック定量添加技術は、熱処理の充填前に添加するように設計されています。 これは、製造コストを抑えながら付加価値の高い飲料を非常に柔軟に生産するうえで重要です。

飲料の新しい世代

世界中の消費者は、栄養や味だけでなく健康や心のケアのために何か特別なものを提供する乳製品やその他の飲料を選択する傾向が強くなっています。 今後数年間で、牛乳から植物性乳飲料、ジュース、ネクター、飲むヨーグルト、ソフトチーズに至るまで、特別な原料を使用した製品がさらに多く発売されると見込まれます。 ビタミン、オメガ3、アロマ、プロバイオティクス、ラクターゼなどの酵素は、ベース製品に付加価値を与えるために使用され、毎年新しい製品が発売されています。 さらに、同じベースを使用し、色、風味や栄養素のバリエーションのために添加物を変更することで、少量のオンデマンド生産が増加する可能性があります。

粉末のアセプティック定量添加

敏感な材料のアセプティック定量添加

付加価値製品の多くの原料は熱に敏感で、特に UHT 生産や ESL 生産で使用される場合、製品の品質を維持して廃棄物とエネルギーコストを最小限に抑えるために、特別な取り扱いが必要になります。 ラクトフェリンはきわめて熱に敏感で、プロバイオティクスは加熱処理後に追加する必要があります。さもないと熱によって喪失します。 しかし、これら多くの原料は、プレミアム価格で販売されるプレミアム製品になくてはならない成分です。

そのために、テトラパックではバッチシステムよりも柔軟な優れたインライン連続加工処理用の添加装置を提供しています。 テトラパック® アセプティックドージングユニットは、熱に敏感な材料を 1 リットルあたり数グラムのスケールで、加熱処理後の充填直前にごく少量ずつ非常に正確に添加できます。  もちろん、プロバイオティクスなどの生きた培養物を除き、添加物は事前に滅菌されています。これらは、製造エリアで安全に取り扱うために密封されたバッグに入っています。

インライン定量添加のメリット

インラインで添加すると、必要な成分の量が減りコストが削減されます。熱処理中の損失を補うために過剰に添加する必要はありません。 たとえば、ラクターゼ酵素を追加してラクトースを含まないUHT ミルクを製造する場合、加熱処理後にミルクを添加することで、酵素を 80 ~ 90% 節約できます。 加熱処理前にラクターゼを添加すると、低温で酵素反応が遅くなり、最終パッケージに入れて常温で数日間放置する場合に比べて、時間的に制限されます。 同様に、加熱処理前にビタミンやフレーバーを加えると、成分の 10 ~ 30% が損失する可能性があります。 インラインで添加すると貯蔵タンクも不要になり、主要な CIP コストが削減されダウンタイムが回避されます。 これは、環境と収益にとってより良い方法です。

第 3 に、フレーバー、色、ビタミン、ミネラルなどの原料を使用したジャストインタイム生産処方により、製造の柔軟性が高まり、季節商品やちょっとした特別プロモーションに使用できます。 同じ基本処方製品から生産を開始し、充填前に 1 つ以上の成分をすばやく変更できます。 以前は、いくつかの製品バリエーションの生産で数日必要でしたが、アセプティック定量添加は 1 日で完了できます。

さらに、アセプティックインライン定量添加により、プロセスの熱処理を継続的に調整する必要がなく、一度に 1 つのパラメータで作業するレシピの処方に集中できるため、製品のイノベーションと評価をより簡単かつ迅速に実行できます。

テトラパック® アセプティックドージングユニット F の概要

テトラパック® アセプティックドージングユニット F の設置面積は 141 x 149cm で、既存の環境に簡単に設置できます。 このアセプティックインラインドージングユニットは、フィルトレーションまたは UHT 処理により原料をオフラインで調製します。 滅菌済みの原料は、様々な原料サプライヤーから 5 リットルまたは 10 リットルの無菌バッグで納入されます。

流量トランスミッター、ウェイトシステム、および速度制御された蠕動ポンプを使用して、特許取得済みの滅菌ホースとニードルを介して、主要製品パイプのアセプティックインジェクションチャンバーに成分を正確に添加します。 そこで、材料は乱流によって混合され、均一に配合された製品になります。 操作全体は、厳密な添加管理と完全なトレーサビリティを可能にする高度なレシピ管理および制御システムによって監視されます。

すべての材料は完全に密閉されたシステムで処理され、安全な無菌移動が保証されます。 原料の袋に印字されたバーコードにより、人為的ミスがなくなります。 レシピを選択してバッグをロードし、バーコードをスキャンして承認されていることを確認するだけです。

新しい原料を使用することで、競合他社との差別化を図り、トレンドを生み出す新しいプレミアム製品を開発し、ブランドを構築し、莫大な利益を得ることができます。

さらにガイダンスが必要な場合 テトラパックのオンラインガイドをお試しになり、ポートフォリオ拡張に関するヒントをすぐに入手 (また、ガイドを使用して、他の方法で操作を改善する方法を学ぶこともできます)。

テトラパックが提供するアセプティック定量添加の詳細については、熱に敏感な材料のアセプティック定量添加 | テトラパックをご覧ください。

フレーバーミルクが入った 4 つのグラス

成功への柔軟なルート

絶えず変化する市場では、柔軟性が重要です。 消費者との関係を維持するために、メーカーは迅速に行動して、新しいレシピを試行し、コスト効率の高い方法で少量のバッチ生産を実行する必要があります。 さらに、UHT ラインを導入すると、予想よりもはるかに簡単に製品のポートフォリオを拡張できます。

新しい見識 - オンラインガイドのトップ

絶えず変化する市場では、柔軟性が重要です。 消費者との関係を維持するために、メーカーは迅速に行動して、新しいレシピを試行し、コスト効率の高い方法で少量のバッチ生産を実行する必要があります。 さらに、UHT ラインを導入すると、予想よりもはるかに簡単に製品のポートフォリオを拡張できます。

熱に敏感な材料のアセプティック定量添加

材料が熱に敏感な飲料には、アセプティック定量添加の 2 つのソリューションを提供しています。 事前に殺菌された添加物を無菌状態で移送するテトラパック® アセプティック定量添加ユニット F。 テトラパック®アセプティック定量添加ユニット F は、充填の直前にベースとなる製品に原料を精密に定量添加する、ユニークで非常に革新的なテクノロジーです。