テトラパック® 紙容器の開け口

テトラパックでは、飲むため、注ぐため、スプーンで食べるためなど多様なニーズに応じた開け口を幅広く取り揃えています。

簡単なミシン目の開け口から、はがせるタブやフタ、ワンステップまたはツーステップで再封可能なフリップキャップ、再封可能なスクリューキャップなどがあります。

また、ポートフォリオは常に更新、調整し、消費者の利便性を向上させています。 コストを削減し、お客様にカスタマイズしたオプションを提供すると同時に、テトラパックの紙容器の環境プロファイルを改善するために努力しています。

将来を見据えた持続可能な開け口

Tethered cap

テトラパックのTethered capは、サトウキビを原料とするポリマーから作られた植物由来のオプションとして使用できます。 Tethered capは法的要件を満たすだけでなく、ごみの削減と気候変動への影響に貢献します。 また、飲みやすさや注ぎやすさは、消費者が求める機能面での好みも満たしています。

市場で最初に発売されるのは、へリキャップ™ 26 プロです。 この製品は、セルフロックヒンジを備えた新しいネジとフリップのコンセプトが特徴で、家庭での消費に便利であると同時に、食品を確実に保護します。
食品サービスチャネルの新発明

テトラパック® 定量添加ポンプ

多忙な食品サービス業界の状況にとって理想的で、より速くよりスマートにより良いサービス体験を提供する革新的な注ぎ口です。 シロップなどの液体製品を汚さずにすばやく注ぐことができます。一定量を添加できる機能により、毎回適量を押し出すことができます。 テトラパックの紙容器にぴったり合うように作られています。
テトラパック 定量添加ポンプ
差別化を図る簡単な方法

植物由来のキャップ

植物由来のキャップは、サトウキビを原料とする再生可能なポリマーから作られています。 外観と機能性は標準のキャップと変わりません。 サトウキビが原料の植物由来のキャップを使用することで、紙容器中の再生可能な資源の含有量を増やし、気候変動への影響を低減できます。
紙容器についたテトラパックの植物由来のキャップ
もっともシンプルな開け口

一回で簡単

シングルユースの開け口は、使いやすさと環境への高い配慮を兼ね備えた実用的で低コストの開け口です。 切り開くテアオフ型のソリューションからミシン目まで、シングルユースの開け口はシンプルで使いやすく、消費者に幅広く受け入れられている選択肢です。
テトラ・リカルト容器 シングルユースの開け口
開け閉めが簡単

ワンステップオープニング

ワンステップオープニングは 一回で簡単に開けることができます。 キャップを 1 回転させるだけで開封でき、ホイルやプラスチックのタブなどはありません。 ワンステップスクリューキャップには、一目でわかるいたずら防止リングが付いています。これは開封メカニズムの重要な部分で、容器が未開封であることを消費者に明確に示しています。
ワンステップオープニングのテトラパック紙容器を持っている女の子
さらに安心な開封ステップ

ツーステップオープニング

ツーステップオープニングは 2 つの手順で簡単に開けることができます。 フタを開けて直感的なデザインのプルリングを持ち上げるタイプと、フタを開けてタブを引くタイプがあります。 主に優れた安全性と衛生性の点から、一部の消費者はツーステップオープニングを選択します。 テトラパックでは、再度閉じられるスクリューキャップや再度密封できるフリップキャップなど各種のキャップを開発し、消費者に使い勝手の良さを提供しています。
テトラパック ツーステップオープニングの紙容器