粉末用のドライミキシングソリューション

ドライミキシングの課題は、粒子に損傷を与えることなく、迅速に均質な製品を生産することです。 対流と拡散の両方の技術を使用したドライミキシングは、非常に高速なだけでなく、穏やかに作動しながらも非常に正確です。 対流メカニズムは、粒子のグループの動きとして説明でき、ほとんどの場合、パドルによりミキシングチャンバーへの粉末の高速循環と流動化が実現します。 拡散技術は、粉末粒子の単一の動きで構成され、主に粉末が浮遊状態から自重により落下するときに達成されます。 これにより最高の均質の製品が生まれます。

これらの技術はせん断技術とは対照的に、要求された量のエネルギーのみを使用して、高い費用対効果で粉末の破損を低減します。

食品業界で取り扱う粉末の種類は多く、それらはさまざまな特性や動作を考慮して処理する必要があります。 観察スケールは、粉末混合物の均質性を評価するうえで重要です。 スケールは、業界によって大きく異なります。 そのためには、非常に柔軟なツールとさまざまな用途のテクノロジーが必要です。これらを組み合わせることで、正確なパフォーマンスを達成できます。  

実際問題としての粉末の分離

粉末では その種類や使用する技術にかかわらず分離が発生します。 それでも、ミキシングラインソリューションのすべてのステップで、粉末の分離を回避し分離を最小限に抑えることが現在の課題です。 完璧な混合時間と空にする方法についての専門知識を使用して、ミキサーレベルで直接開始します。 次に、ラインの最後まで適用する最適な搬送技術と、正しい容器包装技術を選択します。

テトラパック® パウダーミキサー B

テトラパック® パウダーミキサー B

Tetra Pak® Powder Mixer B は粉末材料用で、 3 台のバッチパドルミキサーからなり、高速、正確、かつ丁寧に粉から粉へミキシングするように設計されています。

テトラパック 縦型ホモゲナイザー TV

テトラパック® 縦型ホモゲナイザー TV

円錐形のテトラパック® 縦型ホモゲナイザーは、幅広い製品に適し、重力を利用して、または空気コンベヤーを介して製品を供給します。