粉末容器包装ソリューション

小袋からビックバックまで

さまざまな粉末容器包装ソリューションがあります。 ただし、容器包装の対象は主に企業間、または企業消費者間です。

企業間 さらに処理される原料としての粉末用 鉄道車両、トラック、ビッグバッグ、またはバッグに保管されたバルク粉末。

企業から消費者へ: 最終消費者向け(店舗への配送) 小売りで取り扱う粉末の形式は、小さな袋、缶、ポーチ、瓶、またはプラスチック容器に入った数キログラムから、小袋入りの数グラムなどです。

充填と倉庫の間では、異なる手順を踏みます。 手順は、包装する製品や処理するパッケージの形式によって異なり、形式が固定されているかフレキシブルかにより二次容器包装ソリューションが必要かどうかによって異なります。

AGV(無人搬送車)も徐々に従来のコンベヤに取って代わりつつありますが、ロボットアームも現在、急速に梱包に関与し、パレタイザーなどのハンドリングマシンと代わりつつあります。

テトラパック ビッグバッグ充填ユニット S DB006

テトラパック® ビッグバッグ充填ユニット S DB006

充填が簡単にできる、テトラパック® ビッグバッグ充填ユニット S DB006 高い衛生基準を満たすソリューション