食品を守る - テトラパックの方法

保存料や冷蔵なしで食品を保存できるテトラパックの容器包装はエネルギーを節約して、世界の人口が増え続けるなかで誰もが安全で栄養価の高い、しかも風味豊かな食品を入手できるようにします。 また、テトラパックのソリューションは、加工処理機器による製造効率から消費する際の容器包装の適切なサイズや機能に至るまでバリューチェーン全体の食品ロスと廃棄の防止にも役立ちます。

さらに、学校給食プログラムやデイリーハブへの参加などを通じて持続可能なバリューチェーンの構築に取り組むことで、飢餓の撲滅、食の安全性の実現、栄養の改善、持続可能な農業と生産の促進を支援しています。

テトラパックの優先課題

オペレーター

食品の安全性

消費者は当然、食品が安全だと考えています。 テトラパックのお客様にとって食品の安全性とは、原材料の調達から小売店の商品棚に至るまで、製造を完全にコントロールすることを意味します。

食事をとっている 3 人の女性

食品の品質

今日の消費者が求めているのは、安心できる食品の風味、色合い、食感、栄養価です。 テトラパックの紙容器は保存料なしで食品を長期保存できるように設計され、消費者の要求に十分応えることができます。

テトラ・クラシック アセプティック容器を手にする子どもたち

食品の入手可能性

テトラパックでは、持続可能な食料バリューチェーンを構築することこそ、世界的な食の安全と栄養の課題に取り組むためのもっとも効果的な方法であると考えています。

テトラパックのストーリー

スマートな紙容器

デジタルチャンスの活用

デジタル化とネット接続が食品飲料業界に変革を与えているのは周知の事実です。 それらは、製造の柔軟性と効率の向上と同時に、食品の安全性と品質も向上させるまたとないチャンスになります。

牛乳を飲む少女達

スリランカの学校給食用牛乳

スリランカの新しい学校給食用牛乳のプログラムは、子どもの栄養不良の解消およびリサイクル活動を通した環境教育の提供により、現地の乳業界の成長を促進します。

デイリーハブ、人々、子牛

ウガンダの乳製品開発の支援

新しいイニシアチブによって、新しく設立された Pearl Dairy Farmers Community に実践的な技術サポートを提供し、ウガンダ南西部の 1,000 件の酪農専従の農家を支援しています。