地球を守る - テトラパックの方法

地球を守るテトラパックのアプローチは、低炭素の循環型経済の実現が基盤になります。 そのために、テトラパックでは長年にわたり環境への影響の低減と紙容器の再生可能性の促進に取り組んできました。 現在、その取り組みは理想的な飲料用紙容器のビジョン、 「完全に再生可能でリサイクル可能な紙容器」を追求しながら加速しています。

同時に、低酸素社会を実現する取り組みとして、バリューチェーン全体が環境に及ぼす影響の可能な限りの抑制、 サプライヤーとの連携やサードパーティの検証を活用し、生物多様性の保護や水の管理方法の制定に取り組んでいます。 また、お客様に提供するソリューションやサービスを見直して自社の業務の最適化を進め、 テトラパック独自の活動や世界中のパートナーシップを通じてリサイクルと循環性を推進しています。

テトラパックの優先課題

会議中の 3 人の従業員

お客様との連携

テトラパックの目標は、製品やサービスを通してお客様の価値を生み出し、その価値をお客様と共有することです。

サトウキビとバイオ素材のプラスチック製コップ

責任ある調達

どのような事業でも「購入」という業務があり、何物にも影響を与えない購入はありません。 責任ある調達とは、購入を決定する際のコスト、品質、納期といったこれまでの要素を取り巻く部分も考慮することを意味します。

エネルギーを生産する風力タービン

環境への影響

テトラパックは取引先やお客様と協力して、調達から製造、廃棄に至るバリューチェーン全体が環境に及ぼす影響をできる限り抑制する課題に取り組んでいます。

使用済み紙容器

循環型経済

テトラパックの事業は、廃棄される食品を減らし資源を有効活用します。 そのために、循環の原則がテトラパックの事業の中心になります。 テトラパックのバリューチェーンのアプローチとパートナーシップは、循環型経済が定着することを後押ししています。

リサイクル

使用済み紙容器のリサイクル

テトラパックにはリサイクルに関し未来を見据えた、しかも時代の先駆けとなるアプローチがあります。このアプローチに従って、容器を確実に回収、分別、リサイクルして容器の価値を提供し続けます。 リサイクルバリューチェーンが適切に機能することは、ポイ捨ての防止、資源の節約、気候への影響の抑制にもつながります。これらはすべて、世界中が共有する持続可能な未来の実現のために極めて重要です。

テトラパックのストーリー

グリーンルーフプロジェクト

グリーンルーフプロジェクト

タイにおける先駆的なイニシアチブは、カートンの回収とリサイクルを支援すると同時に、困窮する人々をサポートする活動で 10 年目を迎えています。

テトラパックの工場、ビンズオン

持続可能な施設

適切に設計されたテトラパックの施設は、効率の良い製造工程を提供するだけでなく、持続可能な業務で明らかな違いが表れます。

母と子、紙ストロー

ストローのイノベーション

テトラパックは、ヨーロッパで紙ストローを発売する、初めての紙容器の会社になりました。 現在、多くのテクノロジー企業と連携して生分解可能な方法を模索しています。