バッファー

バッファーとは、食品加工とパッケージングの間でボトルネックを避けるためのプロセスです。

効率性を高めロスを最少限にするバッファー装置

バッファー タンクは、生産稼働中に製品を一時的に安全な状態で保管して、アップ ストリームとダウン ストリームの流れを調製し、製品ロスを最小限にして効率を向上させます。

Tetra Pak のバッファー装置(アセプティック バッファーおよび高衛生バッファーが含まれる)は中間貯蔵タンクとバルブ クラスターで構成されます。これらのタンクのラインナップは、アセプティックおよび非アセプティックで加工された製品用に提供されています。これらは、高酸度または低酸度の高粘度食品および液体食品(粒子有りまたは粒子無し)に使用できます。品質保持期間を延長するアプリケーションのオプションもあり、製品の温度を非常に正確に制御して、最高の品質を保証します。

装置

テトラ・アルセーフ - 乳製品用のアセプティック バッファー

テトラ・アルセーフ®- 乳製品用のアセプティック バッファー

テトラ・アルセーフ LA タンクは、最低温度が摂氏125度の水蒸気で30分間滅菌されます。その後、冷却ジャケットを循環する水によって冷却されます。

高衛生タンク

高衛生タンク

高衛生タンクは、殺菌機と充填機の間に設置される中間バッファー タンクで、容量の違いを調整します。

食品製造をサポートいたします。バッファーのことなら、テトラパックにお問い合わせください。