標準化

標準化とは、製品から前もって分離された脂肪分、タンパク質、無脂乳固形分、および全固形分を正確な「標準化」された容量で元の製品に戻すプロセスのことを指します。

乳製品向け標準化装置

乳製品を標準化する場合、乳製品生産ラインでまずクリームとミルクが分離されます。 その後、2つの要素が再度混ぜ合わせられます。 しかし、元の脂肪分をすべて戻すわけではありません。牛乳が脱脂乳、部分脱脂乳、または全乳と分類されるのに必要なレベル(あるいは異なるクリーム製品で必要とされる脂肪分)だけが戻されます。

この同じプロセスは、ヨーグルトやチーズなどの材料として牛乳を使用する場合、必要な脂肪分を正確に含めるためにも使用されます。また標準化は、さまざまな製品の生産で、必要とされる正確な容量のタンパク質を「再添加」するプロセスを指す場合もあります。

テトラパックの標準化が優れているのは、そのスピードと正確さです。 材料の測定に精度が極めて高い装置を使い、プロセスの計算と制御に強力なコンピューターを採用することにより、迅速かつ正確な結果を得ることができます。 生産物を常に監視することにより、不必要な誤差が生じた時には素早く対応して、一貫した製品の品質を保てます。 つまり、高価な材料を節約することができ、標準化は極めてコスト効率の高いプロセスとなります。

装置

Tetra Pak 標準化ユニット

Tetra Pak® Standardization unit(Tetra Pak® 標準化ユニット)

分離処理の直後に、牛乳やクリームに含まれる脂肪分、たんぱく質、固形成分、無脂乳固形分の自動インライン標準化を行うためのユニット。

食品製造をサポートいたします。 標準化のことなら、テトラパックにお問い合わせください。