テトラパックのコミットメント

ホワイトペーパー: 未来の持続可能な容器

ホワイトペーパー: 未来の持続可能な容器

未来の持続可能な食品向け容器はどのようなものでしょうか? このホワイトペーパーでは、持続可能性の変革をリードしプラスの影響を与えるために必要なことを学びます。

消費者環境動向レポート 2020

消費者環境動向レポート 2020

この 2020 年の消費者調査レポートでは、食品向け容器に注目し食品・飲料業界における持続可能性に関する消費者の傾向と行動を検証しています。

持続可能な容器に関する課題

持続可能な食品向け容器に関する課題

持続可能な食品向け容器は挫折や失敗なしでは実現しません。 調達から使用済みの段階まで、考慮すべきことがたくさんあります。 ここで 5 分以内にすべての事実を学びましょう。

絶好の機会

絶好の機会

持続可能性が食品・飲料業界の状況を変えるにつれ、ブランドは現在および将来の需要を満たすために取り組み方法を変えなければなりません。 テトラパックの持続可能な容器が新しい機会の活用にどのように役立つかを学びましょう。

消費者向け認定

消費者向け認定

紙容器の場合、流通は適切な原材料を使用することから始まります。 認定された容器でお客様をサポートする方法をご覧ください。

テトラパックの紙容器のライフサイクルアセスメント

紙容器とその他の容器の比較研究では、たいてい紙容器のカーボンフットプリントが低い数値を示します。 ここから最新の研究をダウンロードしてください。

テトラパックの旅

全体像を知るために、テトラパックのビデオをご覧ください

容器は、グローバルな食品配送システムで重要な役割を果たし、世界中の人々が安全で栄養価の高い食品を入手するために役立ちます。 しかし、同時にそれが地球環境に影響を及ぼす可能性があります。 このビデオを見て、ソリューションがどこにあるかを理解しましょう。

全体像を知るために、テトラパックのビデオをご覧ください

容器は、グローバルな食品配送システムで重要な役割を果たし、世界中の人々が安全で栄養価の高い食品を入手するために役立ちます。 しかし、同時にそれが地球環境に影響を及ぼす可能性があります。 このビデオを見て、ソリューションがどこにあるかを理解しましょう。

テトラパックの大きな目標

テトラパックの社長兼 CEO、Adolfo Orive が、食品の安全性と可用性を守りながら地球への影響を低減する、持続可能な食品向けの究極の容器の開発というテトラパックの大きな目標について語ります。

テトラパックの大きな目標

テトラパックの社長兼 CEO、Adolfo Orive が、食品の安全性と可用性を守りながら地球への影響を低減する、持続可能な食品向けの究極の容器の開発というテトラパックの大きな目標について語ります。

生活を魅力的にする容器包装: 徹底的に

食品を保護

食品の容器包装は、現代社会の発展において重要な役割を果たしてきました。 ナショナルグラフィックと共同で制作されたこちらの短編映画では、食品を入手できるようにするための食品加工処理と容器包装の発展、そして今後の食品調達を維持するためにこれらがどのように重要であるかについて紹介しています。

食品を保護

食品の容器包装は、現代社会の発展において重要な役割を果たしてきました。 ナショナルグラフィックと共同で制作されたこちらの短編映画では、食品を入手できるようにするための食品加工処理と容器包装の発展、そして今後の食品調達を維持するためにこれらがどのように重要であるかについて紹介しています。

地球を守る

包装容器は、何千年も食品を保護してきました。再生可能な素材の使用は、紀元前 200 年にまでさかのぼることができます。 ナショナルジオグラフィックと共同制作したこの短編映画では、地球にやさしくより持続可能な紙容器のソリューションが、自然をベースにした考えのなかに見出せることを紹介しています。

ナショナルジオグラフィックにアクセスして、「大切なものを包んでいます」について詳細をご覧ください。

地球を守る

包装容器は、何千年も食品を保護してきました。再生可能な素材の使用は、紀元前 200 年にまでさかのぼることができます。 ナショナルジオグラフィックと共同制作したこの短編映画では、地球にやさしくより持続可能な紙容器のソリューションが、自然をベースにした考えのなかに見出せることを紹介しています。

ナショナルジオグラフィックにアクセスして、「大切なものを包んでいます」について詳細をご覧ください。

アドバイザリーパネル

アドバイザーのご紹介

2020 年に設立されたテトラパックのサステナビリティアドバイザリーパネルは、その事業内だけでなく、さまざまな業界とさらにそれら業界を超えて持続可能性戦略の側面について会社に助言しています。 6 人の独立した外部アドバイザーで構成されたパネルは、世界で最も持続可能な食品向け容器の開発という究極の目標を含むテトラパックの持続可能性の目標達成に役立つ先駆的なサステナビリティアジェンダを形成し、情報を提供するために必要と考えられる幅広い経験と専門知識に基づいて選出されました。

Dan Esty 氏、イェール大学 ヒルハウス教授 (議長)

Dan Esty 氏、イェール大学 ヒルハウス教授 (議長)

イェール大学のヒルハウスの教授の Dan Esty 氏は主にイェール大学の環境法科大学院とイェール大学マネジメントスクールで教鞭を取っています。 彼はアメリカの環境弁護士および政策立案者でもあります。

Rachel Kyte 氏、タフツ大学フレッチャースクール 学部長

Rachel Kyte 氏、タフツ大学フレッチャースクール 学部長

タフツ大学のフレッチャースクールの 14 番目の学部長の Rachel Kyte 三等勲爵士は、女性として初めて、国際情勢の学科のみの米国で最も古い大学院を率いています。

Johan Rockström 氏、ポツダム気候影響研究所 所長

Johan Rockström 氏、ポツダム気候影響研究所 所長

ポツダム気候影響研究所の所長、Johan Rockström 氏は、水資源と地球規模の持続可能性に重点を置いた環境科学の教授です。

Malini Mehra FRSA 氏、GLOBE International secretariat 最高経営責任者

Malini Mehra FRSA 氏、GLOBE International secretariat 最高経営責任者

Malini 氏は、持続可能な開発における卓越した国際的キャリアに続き、2014 年に環境立法機関である GLOBE に参加しました。 彼女はGLOBE で、上級議員と裁判官とともに持続可能性のガバナンスへの新しいアプローチを推進し、自らの役割に独特の総合的な視点をもたらしています。

Trewin Restorick 氏、Hubbub 創設者兼 CEO

Trewin Restorick 氏、Hubbub 創設者兼 CEO

Trewin Restorick 氏は、環境起業家、運動家、慈善団体の CEO です。 Trewin 氏は、Hubbub Foundation の設立者です。Hubbub Foundation は、しばしばゲリラマーケティング手法を使用して、革新的で独創的なキャンペーンを通し環境問題を解決することを目指す、受賞歴のある社会的企業です。

Changhua Wu 氏、北京フューチャーイノベーションセンター CEO

Changhua Wu 氏、北京フューチャーイノベーションセンター CEO

中国の気候政策と持続可能な開発戦略を専門とする政策アナリストの Changhua 氏は、持続可能性のための技術革新を推進する官民パートナーシッププラットフォーム、北京未来イノベーションセンターの最高経営責任者です。

詳しく見る

植物由来の紙容器に充填された植物由来の製品

植物由来の紙容器に充填された植物由来の製品

ベルギーに拠点を置く植物由来の製品を専門とする Alpro とテトラパックは、Alpro の植物由来製品を包む最適な植物由来の紙容器を開発したとき、自然共生を実現しました。

マレーシアの Watertree プロジェクト

マレーシアの Watertree プロジェクト

テトラパックが支援するマレーシアの Watertree プロジェクトでは、マレーシアで初めて地元ブランドの紙容器入りの水が販売されました。 このプロジェクトが目指すのは、PET ボトルから紙容器への容器の移行を促すことです。

お問い合せフォーム