2020-06-05

乳製品を確実に毎日供給

新型コロナウィルス感染によるロックダウンと渡航制限の中、サプライチェーンの混乱により世界中のお客様が予期せぬ課題に直面しています。

同時に、消費者の需要が大きく変化しました。多くのお客様は製品構成を変更して、より需要の高い製品の製造を徐々に増やす必要があります。

テトラパックの立場からこうした状況におけるお客様へのサポートとは、変化する要件に応じて包材とスペアパーツのタイムリーで信頼性の高い納品を確保すること、ならびに技術者とフィールドサービスエンジニア(FSE)の必要なサポートを提供することを意味します。すべてが食品や飲料、特に多くの国で生活必需品である乳製品の継続的な流れを維持するために不可欠な要素です。

Amul 社と共に連続操業を推進し市場のニーズに対応

インド最大の乳製品会社で主要顧客の 1 社である Amul は、新型コロナウィルス感染症による封鎖後にUHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)牛乳のかつてないほどの需要の増加に突然直面しました。

同社の施設の 1 つであるバナスカンタ協同組合の統合型 UHT工場は、アジア最大の単一の牛乳加工工場の一部です。 テトラパックのサービスエンジニアは常に集中力を絶やさず献身的に、この工場のラインで最大の製造を確保するために取り組みました。製造過程の設定変更を実装し、工場の 1 日平均製造量 40 万リットルをはるかに上回る過去最多となる 57 万 6,534 リットルの製造を実現させたのです。

「主要な協働を通じて、専任の UHT チームによって素晴らしい成果が達成され、UHT 牛乳の 1 日の生産量の過去最高記録を更新しました。 これが達成できたのは、バナスカンタ協同組合とテトラパックとの間に真のチームワークができあがっていたからです」 – バナスカンタ協同組合の工場長。

緊密な連携とリモートサポートによる迅速な問題解決

もう 1 つのケースは、サバーカンタ協同組合の Amul のパウダー工場で夜遅く発生した故障で、重大で緊急の介入が必要でした。 遅延が発生すれば、市場の供給に影響が出るだけでなく、牛乳の加工能力と工場の生産性全体に影響が及び、かなりの損失が発生しかねない状態でした。工場をできるだけ早く稼働させるには、迅速な結束とクリティカルシンキングが不可欠でした。

Amul とテトラパックのチームはこの状況を解決するためにすぐに行動を開始し、サポートチームが迅速に対応できるように作業に必要なすべての承認を確認しました。 これらの迅速な調整により、FSE の小さなチームが翌朝、現地に到着しました。

オンサイトで許可されたチームメンバーの人数は通常より少なかったにもかかわらず、エンジニアリングチームの緊密な連携と拡張されたリモート・サポートにより、オンサイトエンジニアは問題を迅速に解決し、工場をフル稼働に復帰することができたのです。

機械の設定を調整するオペレーター