効率的な食品充填包装の運用に関するインサイダーガイド

常温保存可能な充填包装された食品の市場が拡大するにつれて、多くのメーカーは生産を拡大したり、新しい製品やフォーマットを発売してチャンスをつかむ方法を模索しています。食品メーカーが食品充填包装の運用を最適化する方法について、食品業界で長年のグローバルな経験を持つテトラパックの競合に関するインサイトのリーダー、Gustaf von Friesendorff に話を聞きました。

食品開発センターの人々

柔軟なソリューションへの投資

柔軟なソリューションに投資することで、より幅広い容器サイズに対応でき、チャンスや市場のニーズに迅速に対応できるようになります。これは、運用の将来性を保証する方法です。より動きやすい環境を提供するだけでなく、運用を複雑にし工場フロアを占有する可能性がある追加ラインへの費用のかかる将来の投資も必要なくなります。

Gustaf von Friesendorff 氏が説明するように、柔軟なソリューションの採用はさらにメリットがあります。「同じ製造ラインでお客様や消費者にさまざまなサイズを供給できることは、それだけで宣伝効果となるなど、多くのオプションへの扉を開くことができます。組み込みの柔軟性を備えたソリューションは、特に新製品の発売や予期しない変更など、現在または予定外の需要に応じて供給できるサイズを制限しないことで、視野を広げることができます。」

運用の自動化

食品の充填包装のオートメーション化にはメリットがたくさんあります。これらには、労働者の安全性の向上、より管理されたスムーズな生産プロセス、一貫した製品品質、コストのかかる製品リコールにつながる人的ミスの排除が含まれます。

しかし、オートメーションのもう 1 つの重要なメリットは、人件費に関連する運用コストが削減されることです。人件費は上昇しています」と Gustaf 氏は述べています。「特に新興市場では、食品の製造は多くの工程が手作業で行われ、そのために人件費が上昇しています。仕事は反復的で退屈で、時には肉体的にきついこともあるため、スタッフの離職率が高く、常に新しく雇用する必要があります。」

この問題はオートメーションを取り入れることで解決できます。Gustaf 氏は、食品製造を手作業から完全に自動化すると、運用の規模にもよりますが、工場の人員を約 80% 削減できると言います。

たしかに、自動化された処理や充填包装装置への投資には、それなりのコストが必要ですが、投資収益率は「かなり短い」可能性があると Gustaf 氏は言います。「おそらく 5 年未満で実現できます。」

多くの場合、食品の準備と充填包装に関連するさまざまなプロセスを自動化し統合することで、運用効率が大幅に向上します。たとえば、食品の加工、充填包装、紙容器のラベル付けが統合された自動化ラインは、労働力、スペース、時間、物流の面で大きな節約になります。

Gustaf 氏は次のように述べています。「さまざまなオペレーションをスムーズに統合する自動化されたラインは、統合されていない手動ラインよりもはるかに少ない人数で運用できます。また、さまざまなオペレーションを結び付けることで各オペレーション間の時間、距離、搬送が少なくなるため、よりシンプルなソリューションでもあります。」

省スペースの包装容器の使用

ガラス瓶や成形済みの金属製の缶は、紙容器よりもはるかに広いスペースを必要とします。お客様は、スーパーマーケットの棚に積み重ねて陳列できる方法も高く評価します。

輸送、保管、供給の点で、空の紙容器はガラス瓶やその他の成形済み容器と比べものにならないくらい多くの量を 1 つのパレットに積載できます。「充填する前の紙容器は畳まれて平らな状態です。これはガラス瓶の保管場所と比較して、わずか 10% のスペースで保管できます。これは紙容器の配送の回数や頻度が少ないことを意味します。また事前に成形された容器の場合、ラベル、蓋、キャップなどの追加の素材を別のパレットで手配する必要があり、保管、物流、充填などのプロセスがさらに複雑になる要素でもあります。」

一部の容器の形状は充填後も他の容器よりスペース効率が優れています。たとえば、丸い缶やガラス瓶は、パレットの積載で製品間に無駄なスペースができます。一方、四角形の紙容器は製品間の無駄なスペースなしにきっちり詰めて積載できるため、各パレットの積載量は他の容器と比較し 10 ~ 20% 多くなります。これにより輸送の効率と節約がさらに向上します。

お客様の食品の包装を改善したとお考えですか?テトラパックが明確に示したいずれかの方法がお客様の運用にメリットがあると思いますか?もしそうであるならば、お客様の業務で大きな成功をつかむための最適化の方法について、お問い合わせください。

テトラパック販売チームに問い合わせる

Service engineers training

製品に関するお問い合わせは、営業部門が承ります。 お問い合わせ内容を書式にご入力ください。内容に応じたサポートをご提供します。

  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

お問合せの目的

1 つのオプションを選択してください

関心のある事業分野

1つ以上の事業領域を選択する
関心のある事業分野を選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

関心のある特定分野

1 つのオプションを選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

リクエストの範囲

1 つのオプションを選択してください

食品カテゴリー

    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
    1 つのオプションを選択してください
1 つのオプションを選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

関心のある特定分野

関心のある事業分野を選択してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
関心のある特定分野
リクエストの範囲
食品カテゴリー
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

リクエストをした理由

1 つのオプションを選択してください
このフィールドに入力してください

テトラパック販売チームに問い合わせる

概要

お問合せの目的
関心のある事業分野
メッセージ
関心のある特定分野
リクエストの範囲
食品カテゴリー
リクエストをした理由
あなたの職種
  • 1 目的
  • 2 リクエスト
  • 3 お問合せ

企業情報

有効な業務用メールアドレスを入力してください。
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
1 つのオプションを選択してください
このフィールドに入力してください
1 つのオプションを選択してください

この書式を送信すると、あなたはテトラパックのプライバシーポリシーの内容を読み承認したことになります。

お問い合わせいただきありがとうございます

お客様のご依頼はチームに送信されました。近日中にご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。 別のご依頼またはお問い合わせのある方は、下のボタンをクリックしてください。